発動機動画一覧

タグ「発動機」がつけられた動画 (全703本)22 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • [いにしえの発動機たち] 1965年頃 ホンダ耕耘機 F190 5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1965年頃 ホンダ耕耘機 F190 5馬力

    今見ても近未来的なフォルムが際立っている、昭和40年頃に製造されたホンダ製の耕耘機(耕運機)です。戦後の農業機械化においては、複数の耕うん爪が回転して地面を耕すロータリー式が耕耘機の主流となりましたが、この耕耘機は後部にプラウ(犂)を装備し、駆動部が真に牛馬の代りとなったクラシカルなスタイルです。どうやらエンジンは倒立して搭載されているようで、大変興味 3:58

  • [いにしえの発動機たち] 1953年頃 ごこく AE11型 5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1953年頃 ごこく AE11型 5馬力

    高い位置にあるマフラーから排気を漂わせる、愛知県生まれの農業用石油発動機です。冷却水ホッパの上には急須のような物体がありますが、蒸発した冷却水の水蒸気を捉えて冷却する復水器のような物でしょうか。冷却水ホッパ側面に防振マウントされた燃料タンクなど、様々な工夫の跡が感じられる発動機でした。ごこく AE18型出力 4.5~5馬力/750~850rpmボア&ストローク : 1 2:49

  • [いにしえの発動機たち] 1965年頃? ヤンマーディーゼルSK形 6馬力

    [いにしえの発動機たち] 1965年頃? ヤンマーディーゼルSK形 6馬力

    心地よいリズムの排気と振動を伴いながら展示される、おそらく昭和40年代に製造されたと思われる小型船舶用水冷単気筒ディーゼルエンジンです。比較的小規模な漁船用と思われますが、大きなフライホイールに武骨な外観など、見るからに堅牢そうなのがとても魅力的です。見るからに重そうですが、我が家にも一台置いておきたくなるような発動機でした。ヤンマーディーゼル SK形 2:58

  • 蒸気船の機関室

    蒸気船の機関室

    これもエンジンマニアにはたまらないと思いますw(蒸気の音・動きなどなど)mylist/25695414 5:06

  • 【浦安郷土博物館】焼玉エンジン実動展示

    【浦安郷土博物館】焼玉エンジン実動展示

    2013年3月30日。浦安郷土博物館で行われてる焼玉エンジンの実動展示を見て来ました。焼玉エンジンは昭和30年代に多く生産された、主に船舶用のエンジンで、現存数はかなり少ないと思います。この焼玉エンジンは水中に沈没していた物を引き揚げて修理された物だそうです。始動に必要な余熱の時間。 逆転してしまったり、排気煙などを見て頂く為動画はエンコに留め、時間的な 17:18

  • [いにしえの発動機たち] 1958年頃 クボタオートディーゼル VC型 13馬力 その2

    [いにしえの発動機たち] 1958年頃 クボタオートディーゼル VC型 13馬力 その2

    クボタの耕耘機(耕運機)と組み合わされて展示される、水冷2サイクルディーゼル単気筒の農業用発動機です。昭和30年代、クボタは積極的に2サイクルディーゼルを耕耘機の動力として展開していた時期があったようです。実車を目の前にすると、発動機の重量感と耕耘機の存在感に圧倒された展示でした。クボタオートディーゼル VC型出力 : 10~13馬力/1,700rpm製造年代 : 1958年頃( 5:28

  • 【発動機】大正時代のエンジン(Z)を始動させてみた。

    【発動機】大正時代のエンジン(Z)を始動させてみた。

    どうもハマチです。初投稿です。この発動機は大正5年にアメリカで製造された発動機(エンジン)です。製造メーカー:Fairbanks Morse機種名:Z出力:20馬力機関総重量:およそ3t機関分類:焼玉機関(グローエンジン) その他動画です。mylist→(mylist/24156623)コミュ→(co1075470)skype→(hatudouki_2525)何かありましたらどうぞ! 1:59

  • 円環対向自由ピストンエンジン

    円環対向自由ピストンエンジン

     ドーナツ型のシリンダーとバナナのような双頭ピストンが外輪と内輪を構成従来の内燃機では成し得なかった高効率 低機械ロス 高圧縮比を実現 とか実験機運転段階の模様ですが さすがに細かい所は見せてくれませんAPPLIED THERMAL SCIENCES公式 http://www.appliedthermalsciences.com 1:02

  • 【発動機】100年以上前のエンジン明治41年製造英国製発動機を回してみた

    【発動機】100年以上前のエンジン明治41年製造英国製発動機を回してみた

    どうもハマチです。9回目の投稿です。この発動機は英国(イギリス)製で、1908年製造、日本で言う明治41年に作られたエンジンです。産業革命以降内燃機関の研究開発がされてきました「ニコラウス・オットー」が4ストローク機関(オットーサイクル)を開発したのが1876年の事です。4ストロークエンジンの概念が開発されてから約30年という短い間に作られたとても古いものです。エ 5:47

  • 【発動機】大型ディーゼルエンジン(5気筒 130馬力)を回して遊んでみた。

    【発動機】大型ディーゼルエンジン(5気筒 130馬力)を回して遊んでみた。

    どうもハマチです。8回目の投稿です。この発動機は、船舶用ですが、実際使われていたのは洪水時に排水ポンプを動かす動力として使っていたようです。ポンプ施設を解体する時に引き取って来ました。発動機の大きさは私の身長(174cm)と比較してもらえば分かると思います。エンジン(発動機)の概要です。型式:5G-2S製造:三菱重工業株式会社製造年:昭和中期~後期(詳細は不明 6:02

  • [いにしえの発動機たち] 1950年 アキツ石油発動機 3.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1950年 アキツ石油発動機 3.5馬力

    銘板にスバリ昭和25年製造の刻印が為された農業用石油発動機です。銘板に製造年が刻印されているのは、昭和22年~25年頃の期間に製造された発動機に見られます。発動機趣味の観点からは製造年の記載は大変有難いのですが、製造・販売側にすれば余剰在庫が目に見えて古くなってしまうリスクがあります。作った端から売れた当時の市場がそれを可能にしのでしょうか。原型と思わ 2:58

  • 暴れるエンジンを押さえ込むオヤジたち

    暴れるエンジンを押さえ込むオヤジたち

    24hp 2st semi diesel  日本ではこのエンジンの事を焼玉エンジンと呼んでますね  1:58

  • [いにしえの発動機たち] 1931年頃? ストロング軽油石油両用発動機 2.5馬力 2

    [いにしえの発動機たち] 1931年頃? ストロング軽油石油両用発動機 2.5馬力 2

    恐らく昭和6年頃に製造されたのではないかと思われる、岡山県生まれの農業用石油発動機です。積年の歳月により、板金のクランクケースカバーには綻びが生じていますが、それが却って枯れた味わいを一層深い物にしています。製造から80数年、「ストロング」の名に相応しく生き生きと力強く展示されていた発動機でした。ストロング軽油石油両用発動機出力 : 2.5馬力/600rpm製造 2:58

  • [いにしえの発動機たち] 1917年頃 Economy Engine E型 5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1917年頃 Economy Engine E型 5馬力

    むき出しのクランクとコンロッドが大胆な、大正時代にアメリカで製造された農業用発動機です。一見するとシリンダーヘッドに点火プラグが見当たりませんが、現代において一般的な形状の碍子付プラグではなく、シリンダー側面のマグネトー取り付け基部から燃焼室へ差し込まれています。至極単純でありながら、いつまで眺めても飽きない楽しさがある発動機でした。Economy Engin 2:58

  • 【発動機】縦型2気筒17馬力の古いディーゼルエンジンを回してみた。

    【発動機】縦型2気筒17馬力の古いディーゼルエンジンを回してみた。

    どうもハマチです。ついに10回目の投稿です。この発動機は船舶の発電用補助エンジン及び陸上一般動力用に作られたエンジンです。エンジン(発動機)の概要です。機関名:ダイヤディーゼル型式:2DVA-3製造年:推定 昭和30年出力:17馬力回転数:900[rpm]機関機構:ディーゼル機関燃料:A重油又は軽油機関重量:約500kgその他動画です。mylist→(mylist/24156623)コミュ→(co107 5:28

  • [いにしえの発動機たち]  1940年頃? クボタ BFS型 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1940年頃? クボタ BFS型 2.5馬力

    恐らく昭和10年代中頃の製造ではないかと思われる、クボタの農業用石油発動機です。吸気バルブ・プッシュロッドとピボットが大きくオフセットしたロッカーアームが特徴的です。レストアに際して化粧直しがされています。レストアの手法に関しては、それこそ幾千の分野で星の数程のスタンスがありますが、私個人としては実働して命が宿っている事がなによりだと、常日頃感じて 2:58

  • [いにしえの発動機たち] 1953年頃 トヒ発動機 6馬力

    [いにしえの発動機たち] 1953年頃 トヒ発動機 6馬力

    それまでの農業用石油発動機によく見られた「ドラ焼き」のようなマフラーではなく、如何にも「マフラー」らしいタイコにメガホンが目を引く、岡山県生まれの発動機です。時代はちょうど耕運機(耕耘機)が日本中の農家に爆発的に普及し始めた頃、この発動機も耕運機への搭載を前提に出力が向上され、市場の覇者と成るべくなのか、前衛的な造りの印象を受けた発動機でした。トヒ 3:29

  • [いにしえの発動機たち] 1949年頃? ストロング発動機A型 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1949年頃? ストロング発動機A型 2.5馬力

    基本的な仕組みは戦前型を踏襲しているものの、各部に近代化が図られた戦後型のストロング発動機です。キャブレターから手前に向けて突き出ている揮発油の「キ」の字が書かれたダイヤルは、始動時に使用するガソリンの流量を調整するダイヤルです。対になる通常運転用の石油の「セ」が書かれた灯油のダイヤルは、キャブレターより上部へ突き出ています。ストロング発動機A型出 3:48

  • [いにしえの発動機たち] 1952年頃 クボタ AHB型 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1952年頃 クボタ AHB型 2.5馬力

    戦後大ヒットとなったクボタのAHシリーズよりB型です。当時の発動機としては珍しく頻繁なマイナーチェンジを行い、軽量派生モデルを生み出したAHシリーズは、それまでの形態においての石油発動機としては決定版とも言える存在でした。クボタ AHB型出力 : 2.5馬力/1,100~1,300rpm製造年代 : 1952年頃(昭和27年頃)製造会社 : 久保田鉄工所 (現:クボタ)所在地 : 大阪府大阪市浪 3:21

  • [いにしえの発動機たち] 1952年頃? ダイエン DHB型 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1952年頃? ダイエン DHB型 2.5馬力

    クボタのAHシリーズにとても良く似た外観の、三重県生まれの農業用石油発動機です。sm31384217のタカヲ石油軽油発動機もクボタAHシリーズに似ていますが、この発動機は更にそっくりな印象を受けます。個人的な想像ですが、タカヲ石油軽油発動機と同様に筐体とクランクケースカバーは自社製、それ以外はクボタの部品を仕入れて組み上げたのかもしれません。とても興味深い発動 2:58

  • 世界最大級の4サイクルディーゼルエンジン 

    世界最大級の4サイクルディーゼルエンジン 

     デンマーク首都コペンハーゲンの博物館 DieselHouseの展示物  H.C. Ørsted社1933年建造 直列8気筒4サイクルディーゼル出力 毎分115回転/二万二千五百馬力(15メガワット)全長24.5メートル 高さ12.5メートル 重量1400トン1:30 エアータンクの圧搾空気が起動弁からシリンダ内に流入ピストンを押し下げて始動します  1:30

  • [いにしえの発動機たち] 1915年頃 JUDSON 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1915年頃 JUDSON 2.5馬力

    アメリカの発動機メーカーSTOVERが製造し、カナダのC.S.JUDSONによって販売された、ヒット&ミス式の農業用石油発動機です。ヒット&ミスは負荷などによって予め設定した回転数を下回った場合にのみ燃焼が行われ、それ以外の時は常に排気バルプが開位置でロックされる方式ですが、ゆっくりと動作するロッカーアームの動きによって、その様子がとてもよくわかる発動機で 2:58

  • [いにしえの発動機たち] 1937年頃 トバタ陸用発動機 BL型 2.5馬力 その2

    [いにしえの発動機たち] 1937年頃 トバタ陸用発動機 BL型 2.5馬力 その2

    平ベルトでコーンシェラー(とうもろこしの脱粒機)を駆動しながら展示される、吸排気バルブを駆動するメカニカルなギミックが面白い、戦前の農業用石油発動機です。こうして農業用機械を駆動する事は発動機の代表的な使用例であり、かつてはハゼ掛けして天日干しした稲を、農家の庭先で発動機で脱穀機を駆動し脱穀していましたが、コンバインの普及によりそうした光景は殆ど見 3:38

  • [いにしえの発動機たち] 1963年頃? 日鋼ムサシ J-15型 5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1963年頃? 日鋼ムサシ J-15型 5馬力

    吹き上げる白煙が2サイクルである事を主張する、戦時中は日本陸海軍の火砲も製造していた日本製鋼所の製造による、水冷単気筒農業用石油発動機です。「運転上の注意」によると、始動時はガソリンとオイル15:1の混合燃料で始動し、通常運転時は灯油とオイル15:1の混合燃料が用いられるそうです。どこか聞きなれた排気音が耳に良く馴染んだ、コンパクトで可愛らしい発動機でした 15:1

  • [いにしえの発動機たち] 1949年 ハンター発動機 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1949年 ハンター発動機 2.5馬力

    ダイキンの社章にそっくりな土星型のロゴが入れられた、戦後間も無くに製造された農業用石油発動機です。製造元の杭瀬機工は、兵庫県尼崎市にあったらしいという事以外、詳細は分りませんでした。唯一の救いは、製造年月がズバリ「昭和24年3月」と明確に刻印されている事です。ダイキンの社章とロゴが似ているので、当時なにか関係があったのか…と想像した不思議な発動機でし 2:50

  • [いにしえの発動機たち] 1950年頃? フルパーランドディーゼル FH-CA型 7馬力

    [いにしえの発動機たち] 1950年頃? フルパーランドディーゼル FH-CA型 7馬力

    恐らく昭和25年頃に製造されたのではないかと思われる、大型の水冷ディーゼル単気筒発動機です。英文表記の銘板がありますが、これは当時日本から輸入したインドのボンベイ(現在のムンバイ)にあった代理店の物と思われ、ヤンマーのsm27308672sm27223802等と同様に、灌漑ポンプ用に使用されたのではないかと思われます。像のような風格が感じられた発動機でした。フルパーラ 2:58

  • [いにしえの発動機たち] 1952年頃 トヒ発動機 2.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1952年頃 トヒ発動機 2.5馬力

    冷却水ホッパの中で飲み物を温めながら展示される、岡山県生まれの農業用石油発動機です。銘板の馬力欄には「軽量」の文字がありますが、それでも当時のカタログには2.5馬力クラスの重量は「二十二貫(82.5kg)」と記載されており、人一人が運搬するには相当厳しい重量です。トヒ発動機出力 : 2.5馬力/700rpm製造年代 : 1952年頃(昭和27年頃)製造会社 : 土肥工業 (現:カーツ)所 2:58

  • 【発動機】縦型3気筒63馬力のディーゼルエンジンを回してみた

    【発動機】縦型3気筒63馬力のディーゼルエンジンを回してみた

    どうもハマチです。11回目の投稿です。この発動機は非常用発電装置の発電機を回すために使われていたエンジンです。エンジン(発動機)の概要です。型式:3H-1製造:三菱重工業株式会社製造年:昭和中期~後期(詳細は不明です)出力:63馬力回転数:1200[rpm]機関番号:310608機関機構:ディーゼル機関燃料:軽油、A重油機関重量:約1.5tその他動画です。mylist→(mylist/241 6:48

  • ポンプ車

    ポンプ車

    ポンプ車 2:20

  • [いにしえの発動機たち] 1960年頃? ダイキン ASP形 3.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1960年頃? ダイキン ASP形 3.5馬力

    今や世界有数のエアコンメーカーとなった、ダイキン(当時は大阪金属工業)によって製造された農業用石油発動機です。惑星をイメージした銘板にコンパクトなボディ、側面にリブのある冷却水ホッパなど、どこか近未来的なイメージを受ける発動機です。燃料タンクにある二つの燃料キャップに刻まれた「ガソリン」「灯油」の文字が無ければ、石油発動機である事を忘れてしまいそう 2:58

  • [いにしえの発動機たち] 1935年頃? ストロング軽油石油両用発動機 4馬力 (2)

    [いにしえの発動機たち] 1935年頃? ストロング軽油石油両用発動機 4馬力 (2)

    銘板に陽刻された「大日本 岡山」の表記が、戦前もしくは戦中頃の製品である事が一層印象付けられる、岡山県生まれの農業用石油発動機です。バスタブのような開口部を持つ冷却水ホッパーや、妖艶な曲線を描くクランクケースカバーが、戦後以降の農業用石油発動機には見られないある種の「粋」を感じさせられる、美しい発動機です。ストロング軽油石油両用発動機出力 : 4馬力/5 4:28

  • [いにしえの発動機たち] 1938年頃? マル産石油軽油両用発動機 3.5馬力

    [いにしえの発動機たち] 1938年頃? マル産石油軽油両用発動機 3.5馬力

    戦前の岡山県購買販売組合聯合会が販売した、岩下鉄工所ストロング発動機のOEMと思われる農業用石油発動機です。まるで大浴場のような開口部の大きな冷却ホッパで、勢いよく冷却水が沸騰しています。当時の面影をよく残した、生命感にあふれる魅力的な発動機でした。マル産石油軽油両用発動機出力 : 3.5馬力/550rpm製造年代 : 1938年頃?(昭和13年頃?)製造会社 : 岩下鉄工所所 4:52

nicotter内で人気の動画