仏教動画一覧(41ページ目)

タグ「仏教」がつけられた動画 (全1307本)41 件中 41ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • 死の瞑想 (死随念)

    死の瞑想 (死随念)

    スマナサーラ長老

  • クリシュナムルティ 「智恵からの創造」

    クリシュナムルティ 「智恵からの創造」

    重要なことは、問題の解決への探求ではなく、問題を理解することです。「私は何をすべきでしょうか」と質問した瞬間、あなたはすでに、あなたを分割することになる思考の体系に入ったのではないでしょうか。そのときあなたは一つの体系を持ち、私はもうひとつの体系を持つのです。私たちは体系・体制を持っているかぎり、人々に関心がありません。これの重要性を見てください

  • 「仏教と心理療法」―吉村昇洋​さんとの対話1/4

    「仏教と心理療法」―吉村昇洋​さんとの対話1/4

    2013/09/25 開演:22:00 lv153882274吉村昇洋さん(曹洞宗僧侶・臨床心理士)にお話を伺います。吉村さんの本『気にしなければ、ラクになる。』http://www.amazon.co.jp/dp/4344976746ニー仏さんの文章が載っている『サンガジャパンVol.15(2013Autumn)』http://www.amazon.co.jp/dp/490542559X次→sm21911732 一覧→mylist/38792479 22:00

  • 朗読『許すこと』【4】

    朗読『許すこと』【4】

    原文:ウ・ジョーティカ著“Forgiveness”訳:魚川祐司訳文 http://myanmarbuddhism.info/2013/06/09/forgiveness/音楽:秋山裕和“Breeze1”   ユーフルカ“星屑の夜に”   MusicMaterial“THE TIME FLOWLY”朗読:アルカディア4回に分けて朗読しています【1】sm21869006【2】sm21871929【3】sm21878924関連動画一覧mylist/38623423

  • 朗読『許すこと』【3】

    朗読『許すこと』【3】

    原文:ウ・ジョーティカ著“Forgiveness”訳:魚川祐司訳文 http://myanmarbuddhism.info/2013/06/09/forgiveness/朗読:アルカディア4回に分けて朗読しています【1】sm21869006【2】sm21871929【4】sm21887047関連動画一覧mylist/38623423

  • 朗読『ネガティブなことへの対処法』【2】

    朗読『ネガティブなことへの対処法』【2】

    原文:ウ・ジョーティカ著“Dealing with Negativity & Aggravation”訳:魚川祐司 訳文 http://neeken.net/2013/02/12/dealing/朗読:アルカディア4回に分けて朗読しています。【1】sm21722358【3】sm21751075【4】sm21751288関連動画一覧mylist/38623423

  • Energy (エナジー) 仏教 般若心経訳 (L)

    Energy (エナジー) 仏教 般若心経訳 (L)

    Energy (エナジー) 仏教 般若心経訳Group:UFO(You For Origin)作詞:Sou作曲:Sou編曲:Aki歌:Akiエナジーとは仏教をまとめた般若心経の現代訳です。仏教の重要な内容がすべて表現されています。この歌を毎日、歌い、記憶して、実践すれば 神様、仏様に近づけます。(と仏典に記されております)著作権は放棄いたしませんが、ご自由にご利用下さい。コメントいただけれ

  • 清浄法身佛

    清浄法身佛

    マレーシア出張の休みの日寺で偶然手に入れたCDどっかで聞いたことがある曲かと思えば自動ブッダマシン(sm7415280)で収録されていた曲でした。動画の写真は休み中に撮影したマレーとシンガポールの寺院です。

  • ブッダの感興の言葉 ニルヴァーナ

    ブッダの感興の言葉 ニルヴァーナ

    youtubeより転載 http://www.youtube.com/watch?v=LylEULqigAoブッダの言葉を丁寧に朗読されています。ブッダの感興の言葉 第26章 安らぎ・ニルヴァーナニルヴァーナとは、涅槃のことです。

  • 四天王寺七宮の謎4 聖徳太子・四天王寺の暗号19

    四天王寺七宮の謎4 聖徳太子・四天王寺の暗号19

    聖徳太子は物部氏と物部神道を滅ぼし、戦勝成就の記念に四天王寺を建て、同時に七つの神社も建てた。仏教聖者の聖徳太子がなぜ神社を建てたか。七宮の御祭神には、聖徳太子の母方の叔父の崇峻天皇、祖父の欽明天皇、素戔嗚尊、稲荷神の宇賀御魂大神などがある。動画一覧 mylist/36747980「聖徳太子 四天王寺の暗号」書籍紹介 http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-92

  • ★★ 「電通」と「日教組」は、日本の「敵」です ))))))

    ★★ 「電通」と「日教組」は、日本の「敵」です ))))))

    ★ 創価学会の、「日本支配」 進行中です ( 2/3 ) ⇒ http://tinyurl.com/cvuxaw8◆ 学会の、「脱会体験記」、「脱会届」など ◆ ⇒ http://e96344.wix.com/dakkai#

  • 仏教を理解することの難しさ

    仏教を理解することの難しさ

    スマナサーラ長老

  • 西尾幹ニ>その10ツァラトゥストラ_仏教2

    西尾幹ニ>その10ツァラトゥストラ_仏教2

    最初ー>http://www.nicovideo.jp/watch/sm19871435科学者には哲学とか歴史とか宗教とかが非常に大切だと私は常々言っている。理科系の若い人にこそ、視野の広い西尾幹ニ全集を読ませたい(西澤潤一)。戦後思想を反省するために第一に挙げられるべき必読全集である(竹内洋)。図書刊行会Tel 03-5970-7421Fax 03-5970-7427e-mail:[email protected]平成25年1月19日(土)

  • Aai Karke Shringar - Do Anjaane Song

    Aai Karke Shringar - Do Anjaane Song

    Youtubeより転載印度映画「Do Anjaane」より

  • 「欲」の捉え方

    「欲」の捉え方

    スマナサーラ長老

  • 【踊念仏】佛向寺開山忌一向上人踊躍念仏(最初から中盤まで)

    【踊念仏】佛向寺開山忌一向上人踊躍念仏(最初から中盤まで)

    山形県天童市の浄土宗佛向寺の開山忌にて毎年11月17日に奉修される、一向上人踊念仏です。踊念仏というと一遍上人が有名ですが、同時期に一向上人も行っていました。4年はじめたのが早いです。貴重なもので、原型を保っているといわれています。これは、昭和17年まで一向派の伝法だったためです。その後も一向上人同行会などで伝次しています。さて、動画は開山忌冒頭から双盤

  • 逆打ち四国遍路5回目予告

    逆打ち四国遍路5回目予告

    2010年5月26日から5月31日まで。逆打ち遍路の記録。打った札所、38番金剛福寺から29番国分寺まで。マシな写真で予告編(後は出がらし)mylist/20691956

  • 逆打ち四国遍路次回以降予告

    逆打ち四国遍路次回以降予告

    逆打ち遍路の記録。65番三角寺から39番延光寺まで(60番横峰寺を除く)本堂の写真いわゆる誰得動画。mylist/20691956

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 7 「清い口」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 7 「清い口」

    「梵天勧請」 http://www.nicovideo.jp/watch/nm20372776 で、釈迦は「教えを悟ることができる人」に教えることを決意しました。そして教えたシーンが「転法輪」http://www.nicovideo.jp/watch/nm20335604 です。内容は八正道でした。しかしこれを理解して実践するのは、迷信深い世の一般人には難しい。それが「梵天勧請」で釈迦が躊躇した理由でした。では憐れむべき一般人に

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 6 「梵天勧請」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 6 「梵天勧請」

    釈迦の悟った縁起の法は、「絆」 http://www.nicovideo.jp/watch/nm20350253 で述べられているようなものです。それはうぷ主が思うに、「人は弱いから宗教にはまる」ということです。しかしそのようなことを弱い当人たちに言っても、何も始まりません。彼らは目をかたくなに閉じるか、あるいは安易に無神論に走るでしょう。しかし今現在でも、無神論者だったのに突然スピリチ

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 5 「絆」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 5 「絆」

    「思惟」http://www.nicovideo.jp/watch/nm20347621 にて、モノならぬものは考えるなと述べられました。そのような無根拠な事柄のうちの最たるものは「輪廻」ですね。では釈迦は輪廻についてどう言ったのか。それが縁起の法則です。どうして人は来世への生まれ変わりに救いを求めてしまうのか。それは弱い人が苦しい今を生きる(「存在」)ためです。そして火は油がなければ燃え

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 4 「思惟」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 4 「思惟」

    「全て」http://www.nicovideo.jp/watch/nm20346626 にて、モノでないものを語る空虚な物言いというのが非難されましたが、ではそれはどういうものかというと、たとえばこの経で語られるようなことです。「世界は終わる」とか「人は死んでも存在する」とかしないとか、問い詰められれば結局は無根拠です。これを語る人に、じゃあ今ここで証明しろといってもできません。しかし

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 3 「全て」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 3 「全て」

    全てとは、五感と五感で感じるもの + 心 (= 六処) であってこれ以外のものを語る人は、モノでないもの、定義できないもの (avisaya) を語っているだけで彼の言葉に中身はないのです。

  • ゆっくりボイスに読経させてみた 2 「無我と言う特性」

    ゆっくりボイスに読経させてみた 2 「無我と言う特性」

    「転法輪」 ( http://www.nicovideo.jp/watch/nm20335604 ) で、苦という真理 (苦諦) をあるがままに見よ、と釈迦は言ったわけですが、ではそれはどういうことなのか。「無常なものは苦だ」「苦であるものは無我だ」と言う見方をせよ、ということです。なお、無常・無我の「無」は、「~でない」という意味の接頭辞です。「常でない」「我でない」という意味です。「常は存在

  • ゆっくりボイスに読経させてみた「転法輪」

    ゆっくりボイスに読経させてみた「転法輪」

    釈迦は悟りを得たあと、まず、かつての五人の仲間のところに行って、教えを説いた。インドでは有史以来 良君 = 輪っかを回すイメージ なのだそうで、このことを「法の輪を回した」と表現する。そのときの教えの内容はこう:「人が死後どうなるか、などを考える(邪見)のではなく、苦しみから逃れるにはどうすればいいかを考えなさい(正見)。そして、正見から始まる八つの道を行

nicotter内で人気の動画