古代史動画一覧

タグ「古代史」がつけられた動画 (全93本)3 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • ゆかりさんが語る日本古代史-古墳史編下巻

    ゆかりさんが語る日本古代史-古墳史編下巻

    ゆかりさんが古墳時代を語ります、後半あくまで講座ではなく語るなので、ガバガバです一時停止推奨。後、おパンツ要素ないですsm33978832←古墳史上 飛鳥厩戸→(mylist/62973405)島村福様の解説動画wikiにてご紹介いただきました!https://nicokaisetsu.wiki.fc2.com/wiki/%E6%AF%92%E8%8F%9C%2F%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E6%

  • ゆかりさんが語る日本古代史-古墳史編上巻

    ゆかりさんが語る日本古代史-古墳史編上巻

    ゆかりさんが古墳時代を語ります.前半あくまで講座ではなく語るなので、ガバガバです一時停止推奨。後、おパンツ要素ないですsm33405256←邪馬台国 古墳下→sm34952745mylist/62973405)たくさんの広告ありがとうございます!広告者様多数に付き、文字数の限界に達したため、申し訳ありませんが、次回の動画内にての紹介に変えさせていただきます

  • 3分で歴代天皇紹介シリーズ! 「9代目 開化天皇」

    3分で歴代天皇紹介シリーズ! 「9代目 開化天皇」

    1ヶ月ぶりの投稿です。申し訳ございません。「欠史八代編」はこれにて終了です!※しばらく本シリーズの投稿ペースを落としてローマ動画の作成に専念します。 ご了承ください。●開化(かいか)天皇 基本プロフィール  父 孝元天皇  母 欝色謎命 (日本書紀)  在位 前158年?~ 前98年? (61年間?)  生涯 前208年?~ 前98年? (111歳?)●1代目 神武天皇 → sm3345

  • 日本誕生流星群(神話から歴史へ)

    日本誕生流星群(神話から歴史へ)

    一応作ってみたものの、バランスがおかしい。ヤマトタケル長すぎですね。 範囲は天地開闢から推古帝まで。ベースは古事記ですが、日本書紀の内容も含みます。後、解説がやたら長くなったので、適当に読み飛ばしてください。 姉妹作「組曲『日本建国』(日本神話)」→sm823806 投下物一覧→mylist/1378467歌っていただきました。有難うございます。→sm16611618

  • 中国文明 後編Ⅱ -始皇帝-

    中国文明 後編Ⅱ -始皇帝-

    夜中につくっていたので音が小さくなってしまったかも知れません★注意:後編の1と2は同時UPしています★四大文明シリーズ中国編後編。始皇帝が残したものを中心。次回は同シリーズ、インダス文明をUP予定です

  • 中国文明 後編I -周(春秋戦国時代)~秦へ-

    中国文明 後編I -周(春秋戦国時代)~秦へ-

    夜中につくっていたので音が小さくなってしまったかも知れません★注意:後編の1と2は同時UPしています★四大文明シリーズ中国編後編。あくまでも考古学をベースにつくられたドキュメンタリーなので、周時代の時代エピソードは一切語られていません。今年放映予定の通史までその部分は楽しみに待っていて下さいね。

  • 中国文明 前篇 -商(殷)王朝文化-

    中国文明 前篇 -商(殷)王朝文化-

    四大文明シリーズ中国編(英仏編集版)。前篇は商(殷)の文化。中国は三皇五帝時代からと思いましたが、今年中国内放送で全百話からなる大スケールの通史を新しく作っていますので、それを待とうと思います。折角なので、四大文明シリーズを全部UPすることに決めましたのでよろしくお願いします。

  • 邪馬台国論争100年 第10回「魏志倭人伝を読んでみよう 9」

    邪馬台国論争100年 第10回「魏志倭人伝を読んでみよう 9」

    ノロノロと更新を続けてきたこのシリーズですが、ようやく第10回までたどり着きました。「魏志倭人伝」を読破するのはまだまだ先になりそうですが……今回は卑弥呼の紹介記事です。次からは倭国と魏の外交史。また難読フレーズの嵐が待ってますorzマイリスト⇒mylist/13350411 第一回⇒sm7527858 前回⇒sm8376511 次回⇒sm8732084

  • 邪馬台国論争100年 第二回 「魏志倭人伝を読んでみよう1」

    邪馬台国論争100年 第二回 「魏志倭人伝を読んでみよう1」

    魏志倭人伝本文に挑戦です。読み下し+現代語訳+補足の構成なのですが、読み下しが割と読みやすいので、現代語訳は不要だったかもしれません。読み下しか現代語訳を削って原文を入れてみたい気もしますが……どうでしょう?マイリスト⇒mylist/13350411 前回(基礎知識編)⇒sm7527858 次回⇒sm7591796

  • メソポタミア文明その1 シュメール人

    メソポタミア文明その1 シュメール人

    息子の春休みで間が空いてしまいました。ごめんなさい。シュメール人のルーツをさぐるドキュメンタリー。NHKに同コンテンツを使用し編集した番組がありますが、これは英仏制作のオリジナル編集です。NHKは、バビロニア王国もシュメール人がつくったと勘違いしてしまう編集をしていますが、違います。今回フランス語も入り、相変わらずのド素人翻訳ですし、分かり易くするため

  • 本格的アメゲイ祭2016 - Ame Ri Can!! -

    本格的アメゲイ祭2016 - Ame Ri Can!! -

    8分間全部アメゲイです。

  • 壬申の乱 ~新しい国家の誕生~

    壬申の乱 ~新しい国家の誕生~

    壬申の乱 ~新しい国家の誕生~

  • スターダスト鄭国

    スターダスト鄭国

    ふと思いついたので、古代中国の波乱万丈な中堅国・鄭を題材に作成。画像の方は、イメージとして色々流用しておりますが、その辺りはご容赦を。mylist/3642302

  • インダス文明 上編(全3回)

    インダス文明 上編(全3回)

    ドキュメンタリー四大文明シリーズ、インダス文明編 英仏バージョン。一番発掘が遅れ、一番研究がすすんでいない文明なので、内容的には他のに比べると世界の遺産紹介的(笑)になっています。メソポタミアとは深い関係があるので、見て損はないと思います。

  • 【結月ゆかり朗読】 魏志倭人伝 [原文&書き下し文アリ]

    【結月ゆかり朗読】 魏志倭人伝 [原文&書き下し文アリ]

    「こんなの誰が見るんだ?!」と思いながらも発作的に作りたくなったので3日ぐらいで作りました。※注意※漢文、漢字の読み方等は間違っている部分もあるかもしれません。この資料の内容についてはいつか日本史講座の方でやろうと思います。現代語訳版も出す予定です!(いつになるかはワカンナイ)ちなみにこの資料の内容通りに邪馬台国に行こうとするとフィリピンあたりまで

  • 東アジア歴史地図

    東アジア歴史地図

    古代文明の時代から9世紀ごろまでを動く歴史地図にしてみました。その2→nm6244522

  • シングルトシコッカ【中国史替え歌】

    シングルトシコッカ【中国史替え歌】

     第二十三作目。テーマは衛。とはいえ、七色より前に完成はしていたのですが。画像不足と、衛に関しては偉大な先駆者様がいらっしゃることで、単独でうpしようかどうか迷っていたのですが、とりあえずうpしてみることにします。マイリストmylist/5462552 新作:組曲『史記』改 上sm15044842sm15639486

  • キトラ古墳壁画を観てきました

    キトラ古墳壁画を観てきました

    東京国立博物館の特別展『キトラ古墳壁画』に行ってきました!古墳内の壁画(一部)の実物が東京で見られます。平成26年4月22日(火)~平成26年5月18日(日)東京国立博物館の公式サイトはこちら⇒ http://www.tnm.jp/微かに猫の声が聞こえるかもしれませんが、お気になさらずwwwちなみに『四神古代米クリスピー』は650円でした。日本文化・神道文化 研究会『魂鏡会-たま

  • オカルトで読み解く日本古代史「聖徳太子 四天王寺の暗号」

    オカルトで読み解く日本古代史「聖徳太子 四天王寺の暗号」

    「四天王寺に聖徳太子直筆の預言の書がある」「捜聖記」(角川書店刊)から十余年――沈黙を破り新たに問う太子像http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-920-2.html怪談「新耳袋」シリーズの作家、中山市朗著蘇我であるはずの仏教聖者、聖徳太子を調べると見え隠れする物部神道、そしてスサノオ。聖徳太子の母方の祖母、小姉君の血を受け継ぐ皇位継承者が、次々殺害され、最

  • 大仏開眼 ~仏教文化と奈良時代~

    大仏開眼 ~仏教文化と奈良時代~

    大仏開眼 ~仏教文化と奈良時代~

  • 聖徳太子の謎を追う 聖徳太子・四天王寺の暗号01

    聖徳太子の謎を追う 聖徳太子・四天王寺の暗号01

    大阪市天王寺区にある四天王寺は、聖徳太子が建てた日本で最初の官寺。古代史探偵中山市朗と助手の真名子が、この四天王寺に隠された謎を読み解き、聖徳太子の謎に迫るシリーズ第一回。正面玄関の南大門を入ると四天王寺四石の一つ、熊野権現礼拝石があり、熊野詣でをする人たちは、まずここで道中の安全を祈る。そのとき熊野権現の霊が現れるという。それは四天王寺の謎を読

  • アサシンクリードユニティ 強奪ミッション「古代史」ソロクリア

    アサシンクリードユニティ 強奪ミッション「古代史」ソロクリア

    バーサークブレードを撃って安全な屋根の上に登った後は数分棒立ちなので少し飛ばしても大丈夫です。youtube版https://www.youtube.com/watch?v=0cjq6NSxUU4少し字幕の表示が早い所があるので気になるところは一時停止して見てくれると助かります。

  • 古代史学者は「気楽な稼業」? 『高森ウィンドウズ』#147

    古代史学者は「気楽な稼業」? 『高森ウィンドウズ』#147

    古代史上最大の内乱「壬申の乱」はなぜ起きた?以前、珍説「持統天皇主導説」を掲げた古代史学者が、批判を受けたからかどうか知らないが、今度は違う説を唱え始めた。ところがその説がまた「おいおいちょっと!」のシロモノで…古代史学界って、これで通用するの?

  • エジプト文明 上

    エジプト文明 上

    ドキュメンタリー・四大文明シリーズ最後、エジプト文明です。上では、ナイル川について、そしてピラミッドの構造部分について述べられています。多忙で翻訳する時間が取れずにUPが遅くなりましたことお詫び申し上げます。

  • 「倭の五王」とは誰か? 『高森ウィンドウズ』#282

    「倭の五王」とは誰か? 『高森ウィンドウズ』#282

    歴史の授業の古代史で「倭の五王」というのが出てくるのを覚えている人もいるだろう。シナの歴史書「宋書」に記事がある、5世紀の倭国の王、讃・珍・済・興・武の5人である。これらの王が大和朝廷の歴代天皇の誰かであることはほぼ疑う余地がない。では、どれが誰に当たるのか? 異論もある中、どの説が有力かを検証し、結論付ける!

  • 聖地巡礼~スサノヲ降臨の鳥上峯.mp4

    聖地巡礼~スサノヲ降臨の鳥上峯.mp4

    聖地巡礼~南紀熊野紀行からはじまった動画制作はこの作品をもって終了。いつの日か「神につかえた女性たち」を作って戻ってきたい。8月27日発売の皆神山すさ『諏訪神社七つの謎ー古代史の扉が開く』(彩流社)は本日、アマゾン売れ筋ランキング古代日本史11位に再再度の浮上。ランキング上位から100位陥落を繰り返しながら、何故か「ほしいものランキング」の上位に

  • 【GSR400】 盆ツーリング#5 飛鳥編

    【GSR400】 盆ツーリング#5 飛鳥編

    土砂降りの中 大神神社から明日香村へとやってきました。動画の中、個人的な思い入れや見解が多いことをご了承願います。土砂降りの中 大神神社から明日香村へとやってきました。動画の中、個人的な思い入れや見解があることをご了承願います。飛鳥寺→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E5%AF%BA甘樫の丘→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E6%A8%AB

  • ニニキネとコノハナサクヤヒメ

    ニニキネとコノハナサクヤヒメ

    mylist/45344943ヲシテ文献「ホツマツタヱ」についてみなさんと一緒に勉強していきたくて勝手に解りやすく動画にしてみました。他の文献との比較もしていますが、歴史的認識を覆そうという意図はないです。こういうお話もありますよ的な感じです。間違っている箇所がございましたらご指摘下さい。この動画は、いときょう氏の著書「古代史ホツマツタヱの旅」「日本のかほり」な

  • 八坂神社創祀の謎1.mp4

    八坂神社創祀の謎1.mp4

    皆神山すさ著『秦氏と新羅王伝説』の「第二章 八坂神社と八坂造」を動画化。

  • 崇峻天皇暗殺事件の謎 高森ウィンドウズ#143

    崇峻天皇暗殺事件の謎 高森ウィンドウズ#143

    1400年以上前のミステリーにチャレンジ。西暦592年に起きた、第32代・崇峻天皇の暗殺事件。日本史上2例しかない天皇暗殺事件の1件であるにもかかわらず、その後に何の波乱も起こらず、黒幕とされる蘇我馬子も何ら罰せられることはなかった。その謎を明快に解く!

  • 担当編集者に聞く「続・田中卓著作集」その1 『高森ウィンドウズ』#154

    担当編集者に聞く「続・田中卓著作集」その1 『高森ウィンドウズ』#154

    日本古代史学の泰斗・田中卓博士米寿記念出版の著作集続編・全6巻の完結を記念して、発行元・国書刊行会の担当編集者を迎えてお話を聞く。今なお精力的な田中博士の活動により、わずか1年半で完結の運びとなった今回の著作集。そうそうたる面々による推薦の言葉からも、その偉大さが見える。

nicotter内で人気の動画