架空未来史講座動画一覧

タグ「架空未来史講座」がつけられた動画 (全75本)2 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その95 「帝国・同盟会戦33-第4次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その95 「帝国・同盟会戦33-第4次ティア...

    宇宙暦795年/帝国暦486年9月4日、惑星レグニッツァに潜伏していたパエッタ司令の同盟軍第二艦隊を迎撃に来た帝国軍ミューゼル艦隊がレグニッツァの大気圏で交戦する。同盟軍第二艦隊は有利に戦いを進め、完勝寸前の状態まで持ち込む事に成功していた。しかし帝国軍のミューゼル大将は状況を一挙に覆す策を用意していた。第01話 sm33175734第96話 後日公開予定第

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その94 「帝国・同盟会戦32-第4次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その94 「帝国・同盟会戦32-第4次ティア...

    帝国暦486年9月1日、ミュッケンベルガー元帥が主催する、ミューゼル大将を含む中将以上の将官による六度目の作戦会議があった。その中でフレーゲル中将とミューゼル大将が口論となった。この事態に業を煮やしたミュッケンベルガー元帥は、ミューゼル大将に惑星レグニッツァへの出征を命令する。惑星レグニッツァに同盟軍艦隊が潜伏しているとの情報がありその対応として

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その93 「帝国・同盟会戦31-第4次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その93 「帝国・同盟会戦31-第4次ティア...

    帝国暦486年8月下旬、ミューゼル艦隊を含む帝国軍遠征艦隊はイゼルローン要塞に到着した。艦隊は出撃前の待機状態にあった。ある日イゼルローン要塞内に、ミューゼル艦隊の士官用に割り当てられた部屋、第39会議室でミッターマイヤーとロイエンタールは、会議室に設置してあった戦術シミュレータに興じていた。二人で模擬艦隊戦をやっていたのである。この時コルプト子

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その79 「帝国・同盟会戦26-第3次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その79 「帝国・同盟会戦26-第3次ティア...

    宇宙暦795年/帝国暦486年2月、帝国、同盟の両軍はティアマト星域で衝突する。開戦当初は、両軍とも3艦隊を横並びして砲戦をする、平凡な形であった。ただし、左翼のラインハルト艦隊は後方待機を命じられ、やや後方に配置されていた。同盟軍の先任士官、ビュコック中将は消耗を出来るだけ避け、参戦が予定されていた第4、第6艦隊の到着まで戦線を維持する方針であ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その92 「帝国・同盟会戦30-第4次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その92 「帝国・同盟会戦30-第4次ティア...

    帝国暦486年5月19日、ベーネミュンデ侯爵夫人が死を賜った翌日、ラインハルトは宮中に参内した。ミュッケンベルガー元帥の麾下として出陣する前のあいさつであったが、皇帝フリードリヒ4世は、ラインハルトに爵位を与える事に言及する。最初絶えてしまったベーネミュンデ侯爵家を継ぐかと打診されるが、ラインハルトは「雲の上の身分」と辞退する。次に爵位としては一

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その91 「帝国・同盟会戦29-第4次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その91 「帝国・同盟会戦29-第4次ティア...

    帝国暦486年5月1日、軍務尚書エーレンベルク元帥は、未だ独房の中にあった、ミッターマイヤー少将の件を平穏に解決するべく、三人の関係者を順番に執務室に呼び出す。一人目はブラウンシュバイク公・オットーで、ミッターマイヤーに処刑された一族の者の復讐を主張していた。二人目は宇宙艦隊司令長官ミュッケンベルガー元帥で、次の戦い(第4次ティアマト会戦)の打ち合

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その83 「銀河帝国15-クロプシュトック事...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その83 「銀河帝国15-クロプシュトック事...

    帝国暦486年3月21日、当時の貴族の中で権勢家であったブラウンシュヴァイク公は、自身の邸宅で皇帝フリードリヒ4世臨席の元でパーティーを催す事になった。これに先立ち、約30年前にクレメンツ派に属していた事で貴族社会から追放された銀河帝国の名家の当主であるクロプシュトック侯爵が、貴族社会への復帰をブラウンシュヴァイク公に懇願する。ブラウンシュヴァイ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その57 「銀河帝国11-惑星カプチェランカ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その57 「銀河帝国11-惑星カプチェランカ...

    惑星カプチェランカの基地ベードライから、同盟軍の基地への単独行の偵察任務は、ラインハルトとついでにキルヒアイスを謀殺するための罠であった。ラインハルトとキルヒアイスは同盟軍の一隊が接近してくるのを確認する。彼らは装甲車か装甲車の動力を得るために同盟軍へ攻撃をかける。、また、ラインハルトの死を確認するか、トドメを刺すために追手が迫ってくる。ラインハ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その55 「銀河帝国9-ラインハルトの少年時...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その55 「銀河帝国9-ラインハルトの少年時...

    帝国暦477年ごろ、ラインハルトの姉「アンネローゼ・フォン・ミューゼル」は、15歳にして時の皇帝フリードリヒ4世の寵姫にされてしまう。姉を奪われたラインハルトは、初めは父親を憎んだが、ほどなくして姉を取りかえす事を決意する。そのための手段として、現在の銀河帝国の打倒を行い、皇帝に復讐をする事を志す。志を成すためには「力」が必要であり、それを手に入

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その81 「帝国・同盟会戦28-第3次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その81 「帝国・同盟会戦28-第3次ティア...

    宇宙暦795年/帝国暦486年2月、帝国、同盟の両軍はティアマト星域で衝突する。ホーランド中将は、三度に渡るビュコック中将からの後退命令を無視した。ビュコック中将は最後に軍法会議まで言及したが、あくまでもホーランド中将は無視して、両者の同僚としての仲は破局する。この頃、帝国軍のミュッケンベルガー元帥は、バラバラになっていた帝国軍右翼及び中央の艦隊

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その80 「帝国・同盟会戦27-第3次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その80 「帝国・同盟会戦27-第3次ティア...

    宇宙暦795年/帝国暦486年2月、帝国、同盟の両軍はティアマト星域で衝突する。ホーランド中将の第11艦隊は、帝国軍の中央、右翼の艦隊に突撃して、一見ランダムと思える艦隊運動で、帝国軍の中央、右翼の艦隊の秩序を崩壊させた。同時に第11艦隊は少数であり、その陣形もばらばらになっていた。この様な状況の中、同盟軍のウランフ中将はビュコック中将に通信を入

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その78 「帝国・同盟会戦25-第3次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その78 「帝国・同盟会戦25-第3次ティア...

    宇宙暦795年/帝国暦486年2月、帝国、同盟の両軍はティアマト星域で衝突する。帝国軍はミューゼル(ラインハルト)艦隊を含めた3個艦隊。総司令官はミュッケンベルガー元帥、動員艦艇数は約35,400隻であった。一方同盟軍は5個艦隊の動員予定であったが、第4、第6艦隊の動員に関する、国防員会の予算認可がまだであり、その手配のために総司令官のロボス元帥は

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その77 「帝国・同盟会戦24-第3次ティア...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その77 「帝国・同盟会戦24-第3次ティア...

    第6次イゼルローン攻防戦では、同盟軍はまたもイゼルローン要塞攻略ならずであったが、D線の作戦を提唱したホーランド少将は、中将に昇進して第11艦隊司令官に就任した。ヤン・ウェンリー大佐は上申した作戦案のほとんどをロボス元帥に却下されていたが、ドワイト・グリーンヒル大将のとりなしのためか准将に昇進する。しかし総司令部参謀を外され、パエッタ司令の第二艦

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その75 「自由惑星同盟10-ユリアン・ミン...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その75 「自由惑星同盟10-ユリアン・ミン...

    ユリアン・ミンツ(Julian Minci か Julian Mintz)は宇宙暦782年3月25日生まれ。姓名はW式。容姿端麗で亜麻色の髪の外見を持つ。幼いころに戦争で両親を亡くした戦争孤児である。宇宙暦794年(恐らく12歳の時)、軍人子女福祉戦時特例法(トラバース法)に基づき、ヤン・ウェンリー(大佐)の被保護者(養子)になる。ヤン・ウェンリーの存在は、エル・ファシル(El-Facil

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その74 「帝国・同盟会戦23-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その74 「帝国・同盟会戦23-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年12月1日、同盟軍イゼルローン要塞攻略が始まる。同盟軍はホーランド少将発案による「D線上のワルツ」作戦により、イゼルローン要塞の外壁の一部を破るなど有利に戦いを進める。しかし、何処かに潜んでいたラインハルト艦隊がホーランド艦隊に攻めかかる。規模は同程度と思われる両艦隊だが、ホーランド艦隊はほとんどがミサイル艦で通常の

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その73 「帝国・同盟会戦22-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その73 「帝国・同盟会戦22-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年11月中下旬、同盟軍イゼルローン要塞攻略部隊は、要塞前面に展開する事に成功する。ただ、帝国軍の基本構想は、同盟軍をトールハンマーで大打撃を与える事であるから、同盟軍が前進して要塞前面に展開する事は既定の事であった。ある日、同盟軍はロボス元帥を中心として、将官以上を集めてイゼルローン要塞攻略の方法を討議する。この時、ウ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その72 「帝国・同盟会戦21-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その72 「帝国・同盟会戦21-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年10月、イゼルローン回廊同盟側の方で帝国軍と同盟軍の戦闘が始まる。帝国軍はメルカッツを司令官としてイゼルローン要塞駐留艦隊約二万隻と、ミュッケンベルガー元帥が指揮するイゼルローン要塞が戦力となる。対して同盟軍はラザール・ロボス元帥を総司令官として、三個艦隊(第7、第8、第9)、約36,900隻が戦力であった。戦闘はイゼ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その69 「帝国・同盟会戦18-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その69 「帝国・同盟会戦18-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年4月、「ヴァンフリート4=2」の同眼軍基地は、グリンメルスハウゼン艦隊の陸戦隊にほぼ制圧されていた。基地司令官のセレブレッゼ中将は、ラインハルトによって捕虜になってしまった。この様な状況の時、同盟軍第5艦隊がヴァンフリート4=2に接近との報を受ける。宇宙艦隊が地上に足止めされて、宇宙から攻撃されたら全滅を待つばかりであ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼルローン要塞攻防戦最終」宇宙暦792年/帝国暦483年5月2日、同盟の大軍がイゼルローン要塞を攻撃する。同盟軍の艦隊は帝国の駐留艦隊に取りつき、敵味方を混在させる事に成功する。後年「並行追撃」と呼ばれる作戦である。さらにシトレ総司令官は、爆発物を満載した、無人艦を要塞に突入

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その61 「帝国・同盟会戦10-第5次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その61 「帝国・同盟会戦10-第5次イゼル...

    宇宙暦792年/帝国暦483年5月2日、同盟の大軍がイゼルローン要塞に迫る。同盟軍の規模も3個(4個?)艦隊、約51,400隻である。通常であれば、主にフェザーンを経由して情報を得て、事前にオーディンから大軍を発して、迎撃を行う事になっている。しかし、今回事前の情報は無く「ふい」を突かれた形になり、イゼルローン要塞と駐留艦隊約13,000隻のみで迎撃

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その60 「帝国・同盟会戦9-第5次イゼルロ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その60 「帝国・同盟会戦9-第5次イゼルロ...

    宇宙暦792年/帝国暦483年、ライハルトは一年強の軍務の間に三階級昇進して少佐の階級を得ていた。またイゼルローン要塞駐留艦隊の駆逐艦エルムラントⅡの艦長として任務にあたっていた。キルヒアイスも中尉に昇進して、同艦の副長の任務についていた。彼らの直属の上官はヘルムート・レンネンカンプ大佐であった。イゼルローン要塞司令官はクライスト大将、同駐留艦隊司

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その89 「銀河帝国21-グリューネワルト伯...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その89 「銀河帝国21-グリューネワルト伯...

    帝国暦486年5月17日夜、激しい雨の中、アンネローゼとラインハルトの命を狙った、ベーネミュンデ侯爵夫人の主謀による、地上車への襲撃は失敗に終わる。襲撃による発砲で爆発が生じ地上車は大破したが、運転手を除く全員は無事だった。続いて、犯人達とラインハルト、キルヒアイスの格闘は、この後現れたロイエンタール、ミッターマイヤーの援護もあり、ラインハルト側

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その90 「銀河帝国22-グリューネワルト伯...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その90 「銀河帝国22-グリューネワルト伯...

    帝国暦486年5月18日午後、ベーネミュンデ侯爵夫人の邸宅に皇帝からの使者が訪れる。使者はグリューネワルト伯爵夫人が不慮の事故で死亡したと伝え、皇帝が会いたいと言うので、その迎えに来たと言う。ベーネミュンデ侯爵夫人は20分ほどの高揚感に満ちた支度の時間を終え、用意された地上車に乗りこむ。しかし地上車は、皇帝がいる新無憂宮ではなく、別の方向に向かっ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その87 「銀河帝国19-グリューネワルト伯...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その87 「銀河帝国19-グリューネワルト伯...

    帝国暦486年5月9日、ミッターマイヤーは「起訴猶予」となり釈放される。その日の夜は自宅に帰り、妻「エヴァンゼリン」の元で過ごした後、翌日ロイエンタールと共にラインハルトとキルヒアイスの下宿先の、リンベルク・シュトラーゼを訪れる。ラインハルトは惑星カプチェランカ以来の懸案である「ベーネミュンデ侯爵夫人」の事をミッターマイヤーとロイエンタールに打ち

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その88 「銀河帝国20-グリューネワルト伯...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その88 「銀河帝国20-グリューネワルト伯...

    帝国暦486年5月17日夜、激しい雨の中、ヴェストパーレ男爵夫人の愛人が参加するピアノ演奏コンクールが国立劇場で行われた。これを観るためヴェストパーレ男爵夫人の他に、グリューネワルト伯爵夫人(アンネローゼ)、シャフハウゼン子爵夫人、ラインハルトとキルヒアイスが同行する。ヴェストパーレ男爵夫人は独身であるが、何人もの若い売り出し中の芸術家を愛人として

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その49 「自由惑星同盟8-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その49 「自由惑星同盟8-惑星エコニアでの...

    宇宙暦788年、ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、第二次ティアマト会戦の同盟側の総司令ブルース・アッシュビー元帥(当時大将)の謀殺説に関する調査の仕事を始める。ヤンは730年マフィアの中で唯一生存している、アルフレッド・ローザス(Alfred Rosas)元宇宙艦隊総参謀長(退役大将)を訪ねたが、謀殺説の調査に関しては進展は無かった。ヤンがローザス邸を訪ねた後、しば

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その47 「自由惑星同盟6-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その47 「自由惑星同盟6-惑星エコニアでの...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦788年。、惑星エルファシルより、民間人300万人を脱出させて、ハイネセンに帰還したヤンは英雄に祭り上げられた。ヤンは昇進して、大尉になり、さらに6時間後少佐に昇進した。ヤンはマスコミのヒーローになり、結婚したい男性ベストワンに選ばれるが、実際に求婚する女性は一人もいなかった。ヤンは祭り上げられほど、心が冷え

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その46 「自由惑星同盟5-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その46 「自由惑星同盟5-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦787年に同盟軍士官学校を卒業した。一年後の宇宙暦788年に、中尉に昇進した上で、エルファシル付近を担当するリンチ少将の警備艦隊に配属される。ある日、警備艦隊は、同規模の帝国軍艦隊と遭遇する。当初は「いつもの」遭遇戦で終わるはずであったが、リンチ少将のミスにより、警備艦隊は大敗。リンチ少将を中心とする200隻

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その45 「自由惑星同盟4-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その45 「自由惑星同盟4-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦787年に同盟軍士官学校を卒業した。席次は4840名中1909番であるが、これは戦史、戦術、戦略の科目が優秀であったので、ようやく中間程度の席次を確保したものであった。卒業後少尉に任官して、統合作戦本部で後方勤務の仕事に就く。しかし勤務態度の評価は芳しく無く、勤務中に仕事と関係無い書物を読んでいたりしていたと

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その44 「自由惑星同盟3-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その44 「自由惑星同盟3-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦767年4月5日に生まれる。15歳の時に無料で歴史が学べるという理由で、同盟軍士官学校戦史研究科に進学する。同盟軍士官学校の中において、戦史研究科は最低ランクの学科であった。元々軍人を志望していた訳でないため意欲に乏しく、ヤンの成績は特に実技において落第すれすれであった。ただ、ヤンは興味がある戦史と戦略の科目

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その42 「銀河帝国7-イゼルローン要塞」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その42 「銀河帝国7-イゼルローン要塞」

    時はダゴン星域会戦のころ、皇族であるステファン・フォン・バルトバッフェル侯爵によって、イゼルローン回廊に要塞を建設する事を提唱する。宇宙暦745年/帝国暦436年、帝国は、第2次ティアマト会戦の大敗で、イゼルローン回廊に要塞を建設する事を決断する。これには、フェザーン自治領が成立して、同盟に対する軍事上のルートがイゼルローン回廊のみになった事も要因

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その38 「帝国・同盟会戦6-第二次ティアマ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その38 「帝国・同盟会戦6-第二次ティアマ...

    宇宙暦745年、帝国暦436年の12月5日、帝国と同盟の大軍が、ティアマト星域で対峙する。帝国軍は総兵力630万ないし650万、艦艇数は5万5千ないし5万6千隻。同盟軍は5個艦隊、艦艇4万8千隻。総兵力は363万6千。同盟軍の総司令部、艦隊司令、後方勤務の要職を「730年マフィア」が独占していた。両軍はこの日激突する。第01話 sm33175734第39話 s

nicotter内で人気の動画