架空未来史講座動画一覧

タグ「架空未来史講座」がつけられた動画 (全55本)2 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その75 「自由惑星同盟10-ユリアン・ミン...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その75 「自由惑星同盟10-ユリアン・ミン...

    ユリアン・ミンツ(Julian Minci か Julian Mintz)は宇宙暦782年3月25日生まれ。姓名はW式。容姿端麗で亜麻色の髪の外見を持つ。幼いころに戦争で両親を亡くした戦争孤児である。宇宙暦794年(恐らく12歳の時)、軍人子女福祉戦時特例法(トラバース法)に基づき、ヤン・ウェンリー(大佐)の被保護者(養子)になる。ヤン・ウェンリーの存在は、エル・ファシル(El-Facil

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その74 「帝国・同盟会戦23-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その74 「帝国・同盟会戦23-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年12月1日、同盟軍イゼルローン要塞攻略が始まる。同盟軍はホーランド少将発案による「D線上のワルツ」作戦により、イゼルローン要塞の外壁の一部を破るなど有利に戦いを進める。しかし、何処かに潜んでいたラインハルト艦隊がホーランド艦隊に攻めかかる。規模は同程度と思われる両艦隊だが、ホーランド艦隊はほとんどがミサイル艦で通常の

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その46 「自由惑星同盟5-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その46 「自由惑星同盟5-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦787年に同盟軍士官学校を卒業した。一年後の宇宙暦788年に、中尉に昇進した上で、エルファシル付近を担当するリンチ少将の警備艦隊に配属される。ある日、警備艦隊は、同規模の帝国軍艦隊と遭遇する。当初は「いつもの」遭遇戦で終わるはずであったが、リンチ少将のミスにより、警備艦隊は大敗。リンチ少将を中心とする200隻

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その73 「帝国・同盟会戦22-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その73 「帝国・同盟会戦22-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年11月中下旬、同盟軍イゼルローン要塞攻略部隊は、要塞前面に展開する事に成功する。ただ、帝国軍の基本構想は、同盟軍をトールハンマーで大打撃を与える事であるから、同盟軍が前進して要塞前面に展開する事は既定の事であった。ある日、同盟軍はロボス元帥を中心として、将官以上を集めてイゼルローン要塞攻略の方法を討議する。この時、ウ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その72 「帝国・同盟会戦21-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その72 「帝国・同盟会戦21-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年10月、イゼルローン回廊同盟側の方で帝国軍と同盟軍の戦闘が始まる。帝国軍はメルカッツを司令官としてイゼルローン要塞駐留艦隊約二万隻と、ミュッケンベルガー元帥が指揮するイゼルローン要塞が戦力となる。対して同盟軍はラザール・ロボス元帥を総司令官として、三個艦隊(第7、第8、第9)、約36,900隻が戦力であった。戦闘はイゼ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その70 「帝国・同盟会戦19-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その70 「帝国・同盟会戦19-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年6月頃、ヴァンフリート星域会戦を終えたラインハルト達は、首都星オーディンに帰着する。ラインハルトは同盟軍基地司令セレブレッゼ中将を捕虜にした功で、少将に昇進。これからは千から二千隻程度の分艦隊司令官となる。キルヒアイスもグリンメルスハウゼン提督の推薦で少佐に昇進した。リューネブルクも基地攻撃を指揮したでの功で少将に昇進

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その42 「銀河帝国7-イゼルローン要塞」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その42 「銀河帝国7-イゼルローン要塞」

    時はダゴン星域会戦のころ、皇族であるステファン・フォン・バルトバッフェル侯爵によって、イゼルローン回廊に要塞を建設する事を提唱する。宇宙暦745年/帝国暦436年、帝国は、第2次ティアマト会戦の大敗で、イゼルローン回廊に要塞を建設する事を決断する。これには、フェザーン自治領が成立して、同盟に対する軍事上のルートがイゼルローン回廊のみになった事も要因

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その29 「自由惑星同盟前史最終-長征一万光...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その29 「自由惑星同盟前史最終-長征一万光...

    帝国暦164年、ハイネセンを中心とした奴隷階級の集団は、ドライアイスの宇宙船で。アルタイル星系第七惑星からの脱出に成功した。途中で小惑星に潜み、80隻の宇宙船を建造して、帝国領からの脱出を続行する。しかし、帝国領の辺境の先に、後年「イゼルローン回廊」と呼ばれる、航行困難なトンネル状の空間に辿りついていた。第01話 sm33175734第30話 sm33302817第2

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その71 「帝国・同盟会戦20-第6次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その71 「帝国・同盟会戦20-第6次イゼル...

    宇宙暦794年/帝国暦485年6月頃、ヴァンフリート星域会戦を終えた同眼軍は、首都星ハイネセンに帰着する。ヴァンフリート星域会戦で勝敗がつかなかった同盟は、次はイゼルローン要塞を攻略する事を企図する。同盟がイゼルローン要塞を攻略に挑むのは今回で6度目。今回は攻略が成功するか?。今回の話では、第6次イゼルローン攻防戦に関する、同盟側の人事の話になりま

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その63 「帝国・同盟会戦12-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その63 「帝国・同盟会戦12-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年3月21日よりヴァンフリート星域会戦が開始される。ヴァンフリート星域にて対峙していた帝国軍艦隊と同盟軍艦隊のうち、帝国軍右翼艦隊と同盟軍左翼艦隊が衝突して戦闘が開始された。この時、軍に入隊して約3年で、ラインハルトは准将まで昇進していた。帝国軍左翼艦隊はグリンメルスハウゼン艦隊であり、ラインハルトはその分艦隊司令官であ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その52 「自由惑星同盟11-惑星エコニアで...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その52 「自由惑星同盟11-惑星エコニアで...

    それはヤン・ウェンリーが惑星エコニアの捕虜収容所に参事官として着任した初夜に起きた。プレスブルグ元中尉を中心とする捕虜の集団約80名が、帝国への帰還を求め反乱を起こしたのだ。当初夜警に出ていた副所長のジェニングス中佐が彼らの人質となっていたが、所長のコステア大佐のほぼ強制的な意向により、ヤン・ウェンリーが代わりに人質となる事になった。これにパトリ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その51 「自由惑星同盟10-惑星エコニアで...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その51 「自由惑星同盟10-惑星エコニアで...

    宇宙暦788年、ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)少佐は、惑星エコニアの参事官に着任したヤンは所長のコステア大佐にあいさつして、捕虜の主である、ケーフェンフィラー元大佐に面会する。ここまでは、参事官にとして着任する時の時間、通常の手順であった。夜、ヤンは自室に引きとり、ベッドで寝る。しかし、自室の電話がなり、捕虜の一部が帝国への帰還を求めて反乱を起こす

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その50 「自由惑星同盟9-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その50 「自由惑星同盟9-惑星エコニアでの...

    宇宙暦788年、ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)少佐は、第二次ティアマト会戦の同盟側の総司令ブルース・アッシュビー元帥(当時大将)の謀殺説に関する調査の仕事を始めるが、突然終了となり、惑星エコニアの捕虜収容所の参事官になる辞令を受ける。結局、謀殺説に関する調査は何も成果を得る事が無かった。参事官の任務を拝命したのは、宇宙暦788年10月15日、惑星ハイ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その49 「自由惑星同盟8-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その49 「自由惑星同盟8-惑星エコニアでの...

    宇宙暦788年、ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、第二次ティアマト会戦の同盟側の総司令ブルース・アッシュビー元帥(当時大将)の謀殺説に関する調査の仕事を始める。ヤンは730年マフィアの中で唯一生存している、アルフレッド・ローザス(Alfred Rosas)元宇宙艦隊総参謀長(退役大将)を訪ねたが、謀殺説の調査に関しては進展は無かった。ヤンがローザス邸を訪ねた後、しば

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その39 「帝国・同盟会戦7-第二次ティアマ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その39 「帝国・同盟会戦7-第二次ティアマ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その39 「帝国・同盟会戦7-第二次ティアマト会戦3(第一ラウンド)」宇宙暦745年、帝国暦436年の12月5日9時50分、帝国と同盟の大軍が、ティアマト星域で砲撃を開始する。両軍は激戦を繰り広げるようになる。第01話 sm33175734第40話 sm33395907第38話 sm33378750マイリスト mylist/12818453コミュニティ co3805222

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その37 「帝国・同盟会戦5-第二次ティアマ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その37 「帝国・同盟会戦5-第二次ティアマ...

    宇宙暦730年に同盟軍士官学校を卒業した軍人の内、ブルース・アッシュビーを中心とした集団があった。これは後年「730年マフィア」と呼ばれる。今回は「730年マフィア」のメンバーを紹介する。第01話 sm33175734第38話 sm33378750第36話 sm33356320マイリスト mylist/12818453コミュニティ co3805222

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その34 「銀河帝国6-マクシミリアン・ヨー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その34 「銀河帝国6-マクシミリアン・ヨー...

    帝国暦331年ダゴン星域会戦除時の、銀河帝国皇帝はフリードリヒ三世だったが、彼はヘルベルト大公を司令官を中心に討伐軍を派遣するが、完膚なきまでに完敗。フリードリヒ三世はその後、しばらく後崩御するが、その後帝位争いは激しくなる。二代の短期の在位期間の皇帝の後、名君の「マクシミリアン・ヨーゼフ二世」が即位する。その治世とは。第01話 sm33175734第35話

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その30 「自由惑星同盟1-同盟の発展」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その30 「自由惑星同盟1-同盟の発展」

    宇宙暦527年、帝国暦218年、ハイネセンを中心とした、帝国領からの脱出行は、途中指導者ハイネセンと同士の過半を失うが、バーラト星系の第四惑星が居住可能である事を発見して、その惑星を「ハイネセン」と。命名して居住を開始する。そして民主共和政の「自由惑星同盟」の建国を宣言。当初の市民は16万人余。自ら銀河連邦の後継者と成し、宇宙暦を復活した。【訂正

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その25 「銀河帝国2-ルドルフの死」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その25 「銀河帝国2-ルドルフの死」

    ルドルフは治世40余年の間に銀河連邦を完全滅亡させ、多くの民衆の犠牲を元に帝国の基礎を固めた。人類史上最大の専制君主であったルドルフにも死が訪れる。第01話 sm33175734第26話 sm33284622第24話 sm33277738マイリスト mylist/12818453コミュニティ co3805222

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その23 「銀河連邦最終-銀河連邦の滅亡」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その23 「銀河連邦最終-銀河連邦の滅亡」

    銀河連邦の国家元首と首相を兼任したルドルフは、その後も権力の強化を進め、ついに「銀河帝国皇帝」を自称。銀河帝国の成立を宣言。宇宙暦を廃止して、この年を「帝国暦」1年とした。だがルドルフの野望には先があった。第01話 sm33175734第23話 近日公開予定第22話 sm33261537マイリスト mylist/12818453コミュニティ co3805222

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その22 「銀河連邦6-ルドルフの台頭3」

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その22 「銀河連邦6-ルドルフの台頭3」

    宇宙暦296年、28歳にて銀河連邦の政界に転じたルドルフは、ついに、「国家元首」と「首相」を兼任するに至る。彼をそこまで押し上げたのは、他でも無く「民衆」であった。ルドルフは強大な権力を手に入れたが、彼の野望には先があった。第01話 sm33175734第23話 sm33267005第21話 sm33258553マイリスト mylist/12818453コミュニティ co3805222

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その69 「帝国・同盟会戦18-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その69 「帝国・同盟会戦18-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年4月、「ヴァンフリート4=2」の同眼軍基地は、グリンメルスハウゼン艦隊の陸戦隊にほぼ制圧されていた。基地司令官のセレブレッゼ中将は、ラインハルトによって捕虜になってしまった。この様な状況の時、同盟軍第5艦隊がヴァンフリート4=2に接近との報を受ける。宇宙艦隊が地上に足止めされて、宇宙から攻撃されたら全滅を待つばかりであ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その68 「帝国・同盟会戦17-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その68 「帝国・同盟会戦17-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年4月6日、「ヴァンフリート4=2」に北側に降り立った、グリンメルスハウゼン艦隊は、リューネブルク准将を主将として、艦隊陸戦隊約10万人と、装甲車数千台で、同盟軍の「ヴァンフリート4=2」基地に攻め込む。ラインハルトは副将となるが、実権はリューネブルク准将が握っており、ラインハルトはキルヒアイスのみを部下として基地攻略戦

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その66 「帝国・同盟会戦15-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その66 「帝国・同盟会戦15-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年3月21日2時40分、帝国軍右翼艦隊と同盟軍左翼艦隊が、交戦を開始して、ヴァンフリート星域会戦が始まる。帝国軍本隊と同盟軍本隊は渦を巻くような陣形になり、お互いは消耗戦に陥る。グリンメルスハウゼン艦隊は、帝国軍の左翼に配置されたが、自ら何もしようとせず、無為徒食であった。これに業を煮やしたミュッケンベルガー元帥は、グリ

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その65 「帝国・同盟会戦14-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その65 「帝国・同盟会戦14-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年3月21日2時40分、帝国軍右翼艦隊と同盟軍左翼艦隊が、交戦を開始して、ヴァンフリート星域会戦が始まる。同盟軍は4個艦隊、推定総数約42、000隻で総司令官はラザール・ロボス元帥であった。参加艦隊は第5艦隊(ビュコック中将)、第12艦隊(ボロディン中将)と第6艦隊、第8艦隊であった。一方帝国軍は総数約32,700隻、恐らく

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼル...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その62 「帝国・同盟会戦11-第5次イゼルローン要塞攻防戦最終」宇宙暦792年/帝国暦483年5月2日、同盟の大軍がイゼルローン要塞を攻撃する。同盟軍の艦隊は帝国の駐留艦隊に取りつき、敵味方を混在させる事に成功する。後年「並行追撃」と呼ばれる作戦である。さらにシトレ総司令官は、爆発物を満載した、無人艦を要塞に突入

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その45 「自由惑星同盟4-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その45 「自由惑星同盟4-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦787年に同盟軍士官学校を卒業した。席次は4840名中1909番であるが、これは戦史、戦術、戦略の科目が優秀であったので、ようやく中間程度の席次を確保したものであった。卒業後少尉に任官して、統合作戦本部で後方勤務の仕事に就く。しかし勤務態度の評価は芳しく無く、勤務中に仕事と関係無い書物を読んでいたりしていたと

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その44 「自由惑星同盟3-エルファシルの英...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その44 「自由惑星同盟3-エルファシルの英...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦767年4月5日に生まれる。15歳の時に無料で歴史が学べるという理由で、同盟軍士官学校戦史研究科に進学する。同盟軍士官学校の中において、戦史研究科は最低ランクの学科であった。元々軍人を志望していた訳でないため意欲に乏しく、ヤンの成績は特に実技において落第すれすれであった。ただ、ヤンは興味がある戦史と戦略の科目

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その40 「帝国・同盟会戦8-第二次ティアマ...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その40 「帝国・同盟会戦8-第二次ティアマ...

    宇宙暦745年、帝国暦436年の12月11日16時40分、帝国軍は繞回運動を成功させ、同盟軍を前後から挟み撃ちに攻撃する。同盟軍の各艦隊は戦闘による損失と、アッシュビーの司令艦隊への艦艇供出より、数的に劣勢な戦いを強いられ、窮地に陥る。しかも、何らかの意図のために、アッシュビーの司令艦隊は戦場から離脱していた。このまま同盟軍は敗北するか、それとも…

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その64 「帝国・同盟会戦13-ヴァンフリー...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その64 「帝国・同盟会戦13-ヴァンフリー...

    宇宙暦794年/帝国暦485年3月21日よりヴァンフリート星域会戦が開始される。それに先立つ帝国軍の作戦会議において、グリンメルスハウゼン艦隊は、後方の予備兵力となるはずだった。宇宙艦隊司令長官ミュッケンベルガー元帥は、グリンメルスハウゼン艦隊を戦力とみなさず、放置する予定であった。それもそのはずで、グリンメルスハウゼン提督こと、リヒャルト・フォン

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その48 「自由惑星同盟7-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その48 「自由惑星同盟7-惑星エコニアでの...

    宇宙暦788年、ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、第二次ティアマト会戦の同盟側の総司令ブルース・アッシュビー元帥(当時大将)の謀殺説に関する調査の仕事を始める。ヤンは730年マフィアの中で唯一生存している、アルフレッド・ローザス(Alfred Rosas)元宇宙艦隊総参謀長(退役大将)を訪ねる事にする。ヤンはローザス邸を訪れるが、玄関先で出会ったのは、孫娘のミリアム

  • 【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その47 「自由惑星同盟6-惑星エコニアでの...

    【ゆっくり解説】銀河英雄伝説解説 その47 「自由惑星同盟6-惑星エコニアでの...

    ヤン・ウェンリー(Yang Wen-li)は、宇宙暦788年。、惑星エルファシルより、民間人300万人を脱出させて、ハイネセンに帰還したヤンは英雄に祭り上げられた。ヤンは昇進して、大尉になり、さらに6時間後少佐に昇進した。ヤンはマスコミのヒーローになり、結婚したい男性ベストワンに選ばれるが、実際に求婚する女性は一人もいなかった。ヤンは祭り上げられほど、心が冷え

nicotter内で人気の動画