海幸山幸の詩動画一覧

タグ「海幸山幸の詩」がつけられた動画 (全34本)1 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #10】鹿を食べる~新たな食文化で自然を守る試み[桜H28/...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #10】鹿を食べる~新たな食文化で自然を守る試み[桜H28/...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、増えすぎた鹿が里山や山間部を荒廃させる原因となっている問題への対策として、鹿肉や猪肉を親しみやすい形で食文化につなげていこうとする取り組みや、鹿猟に携わる人達の狩猟に臨む思いなどにつ

  • 【海幸山幸の詩 #35】日本文化の神髄「大麻」~戦後初めて三重県で栽培・奉納[桜H3...

    【海幸山幸の詩 #35】日本文化の神髄「大麻」~戦後初めて三重県で栽培・奉納[桜H3...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、平成30年4月5日に三重県から神事用大麻の栽培認可がようやく下りて大麻栽培が始まり、12月14日に県内2神社に精麻を奉納したことを受け、大麻農家の谷川原さん、伊勢麻振興協会の新田均教授などを訪 24:45

  • 【海幸山幸の詩 #34】100年先の「水」を育む~東京都水道水源林[桜H30/12/15]

    【海幸山幸の詩 #34】100年先の「水」を育む~東京都水道水源林[桜H30/12/15]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海ゲスト: 岩﨑浩美(東京都水道局水源管理事務所技術課 統括課長) 榎戸幸由(東京都水道局水源管理事務所技術課 統括課長代理) 北岡理奈(東京都水道局水源管理事務所技術課 企画調整

  • 【海幸山幸の詩 #33】ジビエにつないでこその山の恵み[桜H30/11/7]

    【海幸山幸の詩 #33】ジビエにつないでこその山の恵み[桜H30/11/7]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。近年、数が増えすぎた鹿による山林や農作物への被害が深刻化する中、狩猟による駆除も行われてはいるが、それによって奪われた「命」の9割が「恵み」として食卓に上ることなく、そのまま土に還されてしまっ

  • 【海幸山幸の詩 #32】来たる御代の大嘗祭に向けて~大正から伝わる六ツ美「悠紀斎...

    【海幸山幸の詩 #32】来たる御代の大嘗祭に向けて~大正から伝わる六ツ美「悠紀斎...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。 新たに即位した天皇が最初に行う新嘗祭である「大嘗祭」。 一代一度かぎりの最も重要な儀式に献納する新穀を育てるための特別な水田として、京都を境に東西から一ヶ所ずつ、「悠紀斎田(ゆきさいでん)」

  • 【海幸山幸の詩 #31】珪藻土壁~能登半島へ!現代日本を癒す太古の生物の神秘[桜H3...

    【海幸山幸の詩 #31】珪藻土壁~能登半島へ!現代日本を癒す太古の生物の神秘[桜H3...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。太古の海に生息していた植物性プランクトン(珪藻)が堆積し、化石となって地表に表れ出た珪藻土。その特質から、日本の気候風土に合うだけでなく、穏やかで心豊かな空間を作り出す珪藻土壁や、生活に活か

  • 【海幸山幸の詩 #29】捕鯨が息づく町~和田の鯨解体、鮎川の鯨歯工芸、新たな拠点...

    【海幸山幸の詩 #29】捕鯨が息づく町~和田の鯨解体、鮎川の鯨歯工芸、新たな拠点...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海・色希テーマ:捕鯨が息づく町~和田の鯨解体、鮎川の鯨歯工芸、新たな拠点・青森ゲスト: 千々松正行(鯨歯工芸 千々松商店) ※ VTR出演 大壁孝之(外房捕鯨株式会社 鮎川事業所 所長

  • 【海幸山幸の詩 #25】大地の霊草「大麻」~日本古来の“大いなる麻”[桜H29/4/5]

    【海幸山幸の詩 #25】大地の霊草「大麻」~日本古来の“大いなる麻”[桜H29/4/5]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海・秋山仁美テーマ:大地の霊草「大麻」~日本古来の“大いなる麻”ゲスト:中西正幸(國學院大學大学院客員教授・神道学博士)高安淳一(大麻博物館館長)※ VTR出演※チャンネル桜では、自由

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #7】田んぼ物語~耕さずに育む人、荒れた地を甦らせる人...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #7】田んぼ物語~耕さずに育む人、荒れた地を甦らせる人...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、田んぼを耕さずに自然のままの生態を活かして米作りをする不耕起栽培を続けている農場や、耕作放棄地を開墾するところから自分達の田畑作りを展開しているNPO法人を千葉県に訪ね、それぞれの取り組

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #2】西表島・漂着ごみ清掃活動レポート[桜H27/11/4]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #2】西表島・漂着ごみ清掃活動レポート[桜H27/11/4]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、海上保安庁が中心となって活動を展開している「八重山環境ネットワーク」主催による、西表島・鹿川湾における漂着ゴミ清掃活動(平成27年10月12日)に、「やおよろずの森」代表として葛城奈海も参

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #22】神様と新穀をいただく喜び~笠間稲荷神社 新嘗祭[...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #22】神様と新穀をいただく喜び~笠間稲荷神社 新嘗祭[...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、神と人が共に初めて新穀をいただく新嘗祭が、米を育み、もたらされる恩恵への感謝が息づく中で、どのように人々の生きる力につながっているのか、茨城県笠間市の笠間稲荷神社で行われた献穀献繭祭

  • 【海幸山幸の詩 #28】女川の復興~海を受け容れ、人と桜を咲かせる[桜H29/5/24]

    【海幸山幸の詩 #28】女川の復興~海を受け容れ、人と桜を咲かせる[桜H29/5/24]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海・色希テーマ:女川の復興~海を受け容れ、人と桜を咲かせるゲスト: 藤中郁生(女川桜守りの会 事務局長) 片倉敏彦(株式会社片倉水産 代表取締役) 青木宏之(株式会社片倉水産 漁師

  • 【海幸山幸の詩 #27】花と人とが支え合う~鹽竈(しおがま)神社の桜[桜H29/5/10]

    【海幸山幸の詩 #27】花と人とが支え合う~鹽竈(しおがま)神社の桜[桜H29/5/10]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海・秋山仁美テーマ:花と人とが支え合う~鹽竈神社の桜ゲスト: 小野道教(志波彦神社 鹽竈神社 禰宜) 栗生貴史(志波彦神社 鹽竈神社 権禰宜) 丹野貴美子(銘菓 志ほか満 製造元 丹六

  • 【海幸山幸の詩 #26】お田植え祭りと日本人[桜H29/4/17]

    【海幸山幸の詩 #26】お田植え祭りと日本人[桜H29/4/17]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。案内人:葛城奈海・色希テーマ:お田植え祭りと日本人ゲスト:藤原武(藤原製畳所 代表取締役・香取神宮 氏子総代)雪松直(香取神宮 権禰宜)香取真悟(香取神宮 権禰宜)ほか ※ VTR出演※チャンネル桜で

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #6】鑿鍛冶の「粋」と「真髄」[桜H28/1/27]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #6】鑿鍛冶の「粋」と「真髄」[桜H28/1/27]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は東京・月島に鑿(のみ)鍛冶の左久作氏を訪ね、鑿を製作する工程を見せていただきながら、鋼と地金を融合させる日本独自の手法や、各工程において心血を注いでおられること、鍛冶の醍醐味などについ

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #20】和田の鯨~これまでも、そしてこれからも[桜H28/11...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #20】和田の鯨~これまでも、そしてこれからも[桜H28/11...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、沿岸小型捕鯨の拠点の一つである千葉県南房総市和田を訪ね、鯨の解体現場の見学などの学びを通して、鯨の命をいただく意味を次世代の子供達に伝えるなど、日本人が手放してはならない鯨食を郷土食

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #18】竹漁礁で守る宗像の海~高校生たちの取り組み / 海...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #18】竹漁礁で守る宗像の海~高校生たちの取り組み / 海...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、福岡県宗像市で8月に開催された「宗像国際環境100人会議」に際して行われ、葛城奈海も参加した竹漁礁づくりのフィールドワークの模様をご紹介しながら、山と海の環境改善を目指して竹を様々に活用

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #21】調査捕鯨を続ける理由、つなげる鯨食文化[桜H28/11...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #21】調査捕鯨を続ける理由、つなげる鯨食文化[桜H28/11...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、1982年のモラトリアム決定以降、商業捕鯨の再開を目指して南極海と北西太平洋で大型鯨類の捕獲調査を実施し、その副産物によって国内の鯨肉流通も支えている日本鯨類研究所の藤瀬良弘理事長へのイ

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #4】生物多様性が森を育む町・真鶴と林業の継承[桜H27/1...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #4】生物多様性が森を育む町・真鶴と林業の継承[桜H27/1...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、「魚つき保安林」の保護に取り組んでいる神奈川県真鶴町を訪ね、江戸時代から変わらない「御林」が豊饒な海を育てる仕組みや、潮の流れがもたらす影響などについてお話を伺うほか、世代を超えて人

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #3】神様と住まう日本の家~「古民家工房」代表・高橋義...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #3】神様と住まう日本の家~「古民家工房」代表・高橋義...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、日本の自然や風土にかなった昔ながらの工法で家屋を建築なさっている「古民家工房」代表の高橋義智氏を千葉県山武市の現場に葛城奈海が訪ね、我が国伝統の建築物に息づく考え方や神様の存在、道具

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #8】鹿を狩る~命をいただき、山を守る[桜H28/3/2]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #8】鹿を狩る~命をいただき、山を守る[桜H28/3/2]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、雲取山(山梨県側)の山小屋「三条の湯」にオーナー・木下浩一氏を訪ね、雪深い山中での鹿猟に同行した模様をご紹介しながら、鹿が増えすぎたために山の生態などに生じている異変や、ありのままの

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #16】石を配する~日本庭園に息づく大地の恩恵[桜H28/8/3]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #16】石を配する~日本庭園に息づく大地の恩恵[桜H28/8/3]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、茨城県笠間市で青葉庭園を営まれる庭師の田中宏氏を訪ね、人の手では決して作り出すことの出来ない畏敬の存在である石を庭に配するにあたり、どのように植物や水、風などと調和させ、そこにどのよ

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #14】東洋のガラパゴス~小笠原の自然を守るために[桜H2...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #14】東洋のガラパゴス~小笠原の自然を守るために[桜H2...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、小笠原の漁業の魅力などについてお伝えした第11回の続編として、“東洋のガラパゴス”とも呼ばれる小笠原諸島に息づく独自の自然や生態系を守るための様々な取り組みや、樹木も動物も外来種が増え続

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #24】秩父夜祭~神と寄り添い、秩父に生きる[桜H28/12/28]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #24】秩父夜祭~神と寄り添い、秩父に生きる[桜H28/12/28]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、三百年以上の伝統を誇り、迫力ある笠鉾・屋台の曳き廻しや圧巻の花火などでも全国的に知られる「秩父夜祭」が、今なお神事としての原点を見失うことなく、その地に生きる人々の“人生そのもの”とし

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #23】海洋冒険家・白石康次郎の夢と挑戦[桜H28/12/7]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #23】海洋冒険家・白石康次郎の夢と挑戦[桜H28/12/7]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、単独無寄港無補給世界一周ヨットレース「Vendee Globe(ヴァンデ グローブ)」にアジア人として初めて参戦した海洋冒険家の白石康次郎氏にお話を伺いながら、誰に対しても平等な大自然の真っ只中で

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #1】秩父神社と武甲山に御座すもの[桜H27/10/16]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #1】秩父神社と武甲山に御座すもの[桜H27/10/16]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、埼玉県秩父市に秩父神社を訪ね、同社の鎮守の森「柞(ははそ)の森」や、ご神体の武甲山が、人間の生活の営みと関わりながら息づく様子をお伝えします。案内人:葛城奈海・色希テーマ:秩父神社と

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #19】体感する日本~慈しみの場・ブラウンズフィールド[...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #19】体感する日本~慈しみの場・ブラウンズフィールド[...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、米国出身の写真家エバレット・ブラウン氏を、ご自身が千葉県いすみ市で運営なさっている「ブラウンズフィールド」に訪ね、深く魅了された日本の伝統文化や自然、匠の精神を自ら体感し、理解するた

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #15】麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化[桜...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #15】麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化[桜...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、野州麻(やしゅうあさ)を代々、栽培なさっている農家の大森由久氏を栃木県鹿沼市に訪ね、私達の生活に馴染んでいるようでいて今やほとんど知られないままとなってしまっている、日本人にとっての

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #17】冒険家・阿部雅龍~単独踏破でつなぐ先人の夢[桜H2...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #17】冒険家・阿部雅龍~単独踏破でつなぐ先人の夢[桜H2...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、南米大陸の自転車縦断に始まり、北米ロッキー山脈縦走やアマゾン川筏下り、そして北極圏徒歩など、厳しい大自然の中で単独踏破を重ねている冒険家の阿部雅龍氏に注目し、その活動の原動力や挑み続

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #9】自然の恵みがもたらす再生~静岡県松崎町の取り組み...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #9】自然の恵みがもたらす再生~静岡県松崎町の取り組み...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、西伊豆の松崎町を訪ねて、天然の川のり(スジ青のり)やひじきなどの自然の恵みと共に生き、また、川のりの養殖や、素材を活かした食品開発などに取り組む人々にお話を伺いながら、地域再生に向け

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #12】魚食の復興は日本の大事~ウエカツの弛まぬ挑戦[桜...

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #12】魚食の復興は日本の大事~ウエカツの弛まぬ挑戦[桜...

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、日本に魚食文化を取り戻すために八面六臂の活動を展開なさっている元水産庁技官の“ウエカツ”こと上田勝彦氏の理念と実践を、「湘南T-SITE」で開催中の料理塾の様子やインタビューなどを通してお伝

  • 【葛城奈海・海幸山幸の詩 #11】海を守り、共に生きる小笠原の漁民たち[桜H28/5/15]

    【葛城奈海・海幸山幸の詩 #11】海を守り、共に生きる小笠原の漁民たち[桜H28/5/15]

    八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。今回は、豊かで独特な自然の宝庫である小笠原諸島・父島を訪ねた葛城奈海が、広大な海と共に生きる漁師や漁協の方達にお話を伺ったインタビューを通して、平成26年秋に中国のサンゴ密漁船が襲来したときの

nicotter内で人気の動画