村上晃一×速水健朗 司会=徳久倫康(ゲンロン)「日本はラグビーの国になれるのか?――2019年W杯と日本ラグビーの未来」(2019/12/10収録) @gotanda6 @tokuhisan 村上晃一

AD

動画情報

投稿者: (244:14)
投稿日時:2021年01月31日

  • 再生数:22回
  • コメント:0
  • マイリスト:0

元動画 動画記事 音声ダウンロード
この動画の情報は2021年09月23日17時53分時点のものです。

タグ



【収録時のイベント概要】2019年のラグビーW杯は、大成功のうちに幕を閉じた。伝統国を離れ、アジアで初めて開催されたW杯。本当に盛り上がるのかという懸念の声は、日本代表の躍進とともにかき消されていった。開幕戦で18.3%だった平均視聴率は、準々決勝の日本対南アフリカ戦では41.6%にまで急上昇した。日本代表戦以外の試合も注目が高まり、決勝の視聴率も20%を超えた。年末恒例の流行語大賞にノミネートされた30語のうち、なんと5つがラグビー関連だ。これほどまでにラグビーが人々の心を動かしたのはなぜだろう。日本代表のプレーはじつに魅力的だった。相手によりスタイルを変え、ときにはキックを多用し、ときにはボールを保持しながら、一流国相手にトライやゴールの山を築いた。2大会前まで通算成績「1勝21敗2分」の国とは思えない、驚異的な活躍ぶりだった。海外の代表選手たちの振る舞いも胸を打った。試合後にはスタンドに向かって感謝を示すべくおじぎをし、台風で試合が中止になった選手たちが復興支援のために汗を流す姿も見られた。キャンプ地に対して感謝の新聞広告を出した国もある。ラグビーという競技そのものに対しても、それを支える人々の価値観にも、人々は惹きつけられた。ラグビーのファンが増えてうれしい。関係者たちからは、そんな感謝の言葉が何度も聞かれた。その背景には、1990年代以降人気が低迷し、2015年にいったんブームを起こしながら、それが継続しなかった過去がある。ラグビーが国民的スポーツになる最後のチャンス。それが、今年のW杯だったのではないか。だとすれば、そのチャンスの糸口を掴んだのは間違いない。代表強化を担っていたサンウルブズのスーパーラグビーからの除外、減少の一途をたどる競技人口など、解決すべき課題は多数指摘されている。果たして日本はこの達成を一度きりの成功にとどめず、未来につなげていくことができるのか。2019年のW杯を総括し、ラグビーの持つ魅力を確認しながら、日本が本当に「ラグビーの国」になることができるのか(あるいはまた忘れられてしまうのか)。そのための課題、あるべき未来像を語る。ゲストは今年8月「文化系のためのラグビー入門」にも登壇いただいたラグビージャーナリストの村上晃一さんと、ゲンロンカフェのサッカーイベントでおなじみのライター・速水健朗さん。「ゲンロンにわかファン代表」の徳久倫康司会のもと、ラグビーはなぜここまで流行したのか、そしてこれは今後も持続しうるのかを、徹底解剖する。日本はラグビーの国になれるのか? – ゲンロンカフェhttps://genron-cafe.jp/event/20191210/

関連動画

タグ 速水健朗 がついた人気の動画
  • 村上晃一×速水健朗 司会=徳久倫康(ゲンロン)「日本はラグビーの国になれるのか...

    村上晃一×速水健朗 司会=徳久倫康(ゲンロン)「日本はラグビーの国になれるのか...

    【収録時のイベント概要】2019年のラグビーW杯は、大成功のうちに幕を閉じた。伝統国を離れ、アジアで初めて開催されたW杯。本当に盛り上がるのかという懸念の声は、日本代表の躍進とともにかき消されていった。開幕戦で18.3%だった平均視聴率は、準々決勝の日本対南アフリカ戦では41.6%にまで急上昇した。日本代表戦以外の試合も注目が高まり、決勝の視聴率も20%を超えた

  • 大山顕×小泉悠×速水健朗×辻田真佐憲「共産趣味の地政学——団地と戦車がめぐりあう」...

    大山顕×小泉悠×速水健朗×辻田真佐憲「共産趣味の地政学——団地と戦車がめぐりあう」...

    【収録時のイベント概要】ゲンロンカフェの人気登壇者が深夜に大集合! この4人、集めてみたらけっこう話が盛り上がるんじゃないか、深夜だしという上田の直感だけで決められた、総会ならではの大胆企画。ジャンルはバラバラ……のように見えてじつは共通点が多い……のかもしれない。きっと団地の写真とか戦車の写真とかが見れます。※ このイベントは、ゲンロン友の会会員限定イ

  • 佐久間裕美子×速水健朗「マリファナはアメリカをどう変えたか――『真面目にマリファ...

    佐久間裕美子×速水健朗「マリファナはアメリカをどう変えたか――『真面目にマリファ...

    【収録時のイベント概要】近年アメリカでは、長いあいだ「非合法ドラッグ」とされてきたマリファナに対して、合法化・非犯罪化に向けた機運が高まっている。1996年にカリフォルニア州で医療使用が合法化、そして2014年にコロラド州が嗜好目的のマリファナ使用を合法化。さらに、シリコンバレーの投資家やハリウッドのセレブリティがマリファナ・ビジネスに名乗りを上げ、現在

  • 五百蔵容×速水健朗 電話出演=樋渡群「サッカー批評の新たな地平を切り拓く!――『...

    五百蔵容×速水健朗 電話出演=樋渡群「サッカー批評の新たな地平を切り拓く!――『...

    【収録時のイベント概要】伝説のサッカーイベント、待望の第2弾! 2018年サッカー日本代表の激動を徹底総括し、サッカー文化の新たな魅力を描き出す! 今年7月、それまで本田圭佑が誰かも知らないほどサッカーに疎かった東浩紀が、たまたまテレビでW杯ロシア大会の日本代表の試合を観戦したことをキッカケに、トークイベント「戦術のパラダイムシフトとペップコードの謎――オ

  • 大谷能生×速水健朗 「<俺による永久革命>の復活ーー『平岡正明論』刊行記念イベ...

    大谷能生×速水健朗 「<俺による永久革命>の復活ーー『平岡正明論』刊行記念イベ...

    【収録時のイベント概要】待望の『平岡正明論』がここに誕生!1960年代から21世紀冒頭までの約半世紀を生涯現役で駆け抜けた著述家、平岡正明。『ジャズより他に神はなし』『ジャズ宣言』『チャーリー・パーカーの芸術』などジャズ評論で広く知られるほか、政治思想、第三世界革命、犯罪、水滸伝、中国人俘虜問題、歌謡曲、映画、極真空手、河内音頭、大道芸、浪曲、新内、落

ニコッターではニコニコ動画の村上晃一×速水健朗 司会=徳久倫康(ゲンロン)「日本はラグビーの国になれるのか?――2019年W杯と日本ラグビーの未来」(2019/12/10収録) @gotanda6 @tokuhisanの動画を掲載しています。村上晃一や速水健朗などの関連する動画を始めとしてそのほかにもたくさんのムービーを掲載しています。
もしも期待する動画でなかった場合はYouTubeFC2動画Dailymotionでこの動画を検索してみて下さい。