「銀雪」feat. vflower【残響レコードボカロ制作部】 VOCALOID

AD

動画情報

投稿者: (4:05)
投稿日時:2021年04月16日

  • 再生数:819回
  • コメント:1
  • マイリスト:3

元動画 動画記事 音声ダウンロード
この動画の情報は2022年05月22日18時18分時点のものです。

タグ



「銀雪」――凍った湖。覗き込んだ僕の顔が、冷たい表情を映している。朧月に照らされた、白い肌をしている、僕の表情。霜が降り、雪が舞う。時折、月が隠される。新しく降った雪をかき集め、手にすくって穴倉へ戻る。ステンレスのカップに雪を詰め込んで、固形燃料を燃やしたスタンドにかけた。こうでもしないと、飲み水すら手に入れられない。けれど僕にこの山を降るという選択はない。もう残りがほんの少しになったチョコレートの欠けらを、一欠けだけアルミから取り出す。いくつ欠けらがあるのかをアルミの上から数え、ため息をついた。果ての月――十二月。その最後の日。様々な思い出が駆け巡る。これは、走馬灯とも呼べるのではないか。手がかじかんで、うまく字が書けない。これが人生の終結になるかもしれないのに。僕が見つかるのは、もっともっと先、春が訪れ雪が溶ける頃だろうに。それでもなんとか、彼女への最後の言葉を手帳へ書き込む。ああ、助けは来ないだろうか。湯が沸くまでの間に、また一歩、外へ身を出す。足元に、凍った花が雪に沈んでいる。そっと、その花を手に取ろうと思った。――轟――風が吹く。僕の視界は六花に埋もれ、真っ白になってしまった。白魔が、全てを攫っていく。こうして、せっかく小さく咲いた花でさえ、まっさらにしてしまうのだ。あまりにも憎たらしくて、空を見上げる。紫黒。漆黒。ただひたすらに黒い空に、雪の花は咲く。長い、長い夜。まだ、終わりそうにない。もう、僕には明日すらもわからない。唯、独りこの場所で刻々と時を過ごすのだ。「なあ、どうして今なんだよ」雪夜に問いかける。どうして、こんなときに限って天候が荒れたのか。否、こんなときだから荒れたのか?わからない。明日すらわからないのに、そんなことがわかるもんか。嫌気がさし、僕は穴倉の壁に背中を預けた。あまり、そういうことはすべきじゃない。体温を奪われるからだ。こんなにも人間は弱い。ああ、僕はここでゆっくりと命を削るのだ。何回も自覚を繰り返すたびに、悲しみが襲い、それに慄く。愚かなことだと自分でも思う。嘆き、慄くくらいなら来なければよかったじゃないか。空の上には、北極星が光っているのだろう。夜の間は、頭上、真上にその星は現れる。その輝きを思い出し、導かれ、また過去をなぞる。穹窿は、ひたと黒く染まる。そこに、白妙の雪が舞う。ふ、と。暴風の音が止んだ。穴倉から顔を出してみる。――凛。深更に、上月が覗いていた。まだ雲は多いものの、しんと静まり返る雪の中に、琥珀に光る月が、覗いていた。「よかった」これで、帰ることができる。しかし、まだもう少しここにいることにしよう。どうせなら、あいつに会ってから帰る方がよさそうだ。徐々に、明るくなっていく。暁闇が忍び寄ってくる。東雲が雪嶺を侵していく。遠くに、日の出の気配がした。この時間を〈黄昏時〉の対義語として〈彼は誰時〉と呼ぶそうだ。僕はバックパックに全ての荷物を包み込み、朝の分と思い取っておいたチョコレートをまた一欠け、口に放り込んだ。美味い。素直に美味いと思えるのは、いつぶりのことだろうか。一歩踏み出すと、掘り起こした雪が霜となり、ざく、と音を立てた。ゴーグルをする前に、遠い空を見る。一月一日。――初日の出が、僕を照らしていた。原作 金森璋「銀雪」Produce 残響レコードボカロ制作部 https://twitter.com/zankyovocaloDirection みっどないと https://twitter.com/Midnight_DirLyrics 金森璋 https://twitter.com/akillernovelsIllustration 前バ! https://twitter.com/maeba865

関連動画

タグ ボカロオリジナル曲 がついた人気の動画
  • 「黒塗りの傘」feat. 滲音かこい【残響レコードボカロ制作部】

    「黒塗りの傘」feat. 滲音かこい【残響レコードボカロ制作部】

    週末の起抜け、読切り。「最悪の」「不慮の」事故にまた救われたよ。彼らの業が、戒めが、宗教たらしめる。どうせまた、横切っていく。知らない顔して守られ傷付けてまた守られていく畜生にも守られ生活に脅かされて、、、そう言えば「良い」と思うんだろう。小さな蟲の羽音に結べばいいんだろう。彼らの業が、戒めが、宗教たらしめる。どうせ、また忘れてる。ほら剥がれてき

  • 「キャンディー」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    「キャンディー」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    何度も繰り返す終わりのない罪と罰両の手に残ったもの冷え切った温もり ゆらめく灯(ともしび)に誘われ飛ぶのは 甘い蜜だけを求める片翼の蝶鬼さんこちらのその手拍子に釣られたのは私愛してしまったが故の切なさに心まで溺れる前に「もう一度だけ」と手を伸ばしてみる後味の悪いキャンディーに孤独を紛らわすように揺れるは心と影艶(なまめ)かしい愛の熱が身体を満たすのさ求

  • 「ひらひら」feat. vflower【残響レコードボカロ制作部】

    「ひらひら」feat. vflower【残響レコードボカロ制作部】

    あなたはいつも まっすぐな瞳で全てを 見ていた怖くなるほどに純粋な黒さを知った何を抱えているの?僕に教えてダメならそんな顔見せるのはやめて黙ったままじゃわからないよそれはどっちなの?答えはひらひら遠く消えて胸の高鳴り 響くほどに静かな夜が僕らを包み込んでいく下手くそな嘘にホッとする裏返した気持ち感じて何かを求めるその姿ずっと見ていたい最初はどうで

  • 「冬の魔法」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    「冬の魔法」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    にぎやかな店ばかり 誰もが幸せそうだ樹が光に包まれ 君はどこかな腕時計を見ながら 待ち合わせた雪が舞い散る空 心の声を聴いて街は白く染まる ふたり出逢えた夜に幸せになれたかい?見失うことはないよ だってこの手を握ってる来年も同じ日を 過ごせるのかな涙に雪が混じる 君と話していたら辺りは白くなり 僕らが出会えた夜君はいないはずなのになぜ今日は見えたの?これが

  • 「瞼」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    「瞼」feat. 初音ミク【残響レコードボカロ制作部】

    去り行き残された現実にピリオドを打ち損ね悪夢と化す次こそは次こそと願いながらもう何年経っているのだろうか焦燥が廻りくるものか否か沈んでく夕陽に背を向け眺めて行く最後に書いた手紙は捨て去ったまだ炎の色は強く燃えつきず闇に消える息も絶えない絶望の淵で雲の隙間に降る雨に打たれ此処で待つ貴女を見て幻想に駆られ続けている待ってて広がる霧は自分の様で喧騒に紛

ニコッターではニコニコ動画の「銀雪」feat. vflower【残響レコードボカロ制作部】の動画を掲載しています。VOCALOIDやボカロオリジナル曲などの関連する動画を始めとしてそのほかにもたくさんのムービーを掲載しています。
もしも期待する動画でなかった場合はYouTubeFC2動画Dailymotionでこの動画を検索してみて下さい。