東方昭和伝動画一覧

タグ「東方昭和伝」がつけられた動画 (全104本)3 件中 1ページ目を表示

並順
再生数 コメント 投稿日 マイリス 人気 新着/古い
投稿
指定なし 24時間以内 1週間以内 1ヶ月以内
時間
指定なし 5分以内 20分以上
  • 東方昭和伝 第一章「若槻内閣と金融恐慌」(1/2)

    東方昭和伝 第一章「若槻内閣と金融恐慌」(1/2)

    動乱序曲編その1。東方キャラで昭和史を再現しようとする無謀な試み。歴史とは生身の人間たちが動かすものであり、その登場人物たちの動きを一つ一つ追っていくことによってはじめて、歴史を読む楽しさも醍醐味も生まれてくる。教科書では教えられることのない、かくも現代に似た時代の物語。*訂正:1926年=大正15年。若干×→弱冠○(3:34)次(2/2)→sm9000526 第二章「田中 3:34

  • 東方昭和伝 第三十八章「東条内閣総辞職」(3/3)

    東方昭和伝 第三十八章「東条内閣総辞職」(3/3)

    近衛・木戸会談から東条内閣総辞職まで。特に権限のない重臣たちが東条を襲う!【インパール作戦について】ムチャ口こと牟田口廉也中将と共に名高い『インパール作戦』については、NHKのドキュメント太平洋戦争によく纏められています。戦争証言アーカイブスとして下記リンク先より無料で視聴可能です!↓↓↓ 戦争証言アーカイブス[NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 

  • 東方昭和伝 第二十三章「第二次上海事変」(2/2)

    東方昭和伝 第二十三章「第二次上海事変」(2/2)

    今回制作に丸丸二ヶ月を有したわけですが、仕事と動画制作の両立ってなかなか難しいですね(^_^;)ツイッター→https://twitter.com/elevenplat第二十三章補足情報まとめ→http://togetter.com/li/157256前→sm14905088 第二十二章「盧溝橋の銃声」→sm14358873 第二十四章「爾後国民政府ヲ対手トセズ」→sm15562101 第七部mylist/25207392 全作品mylist/17180556

  • 東方昭和伝 第二十七章「欧州情勢は複雑怪奇(後編)」(1/2)

    東方昭和伝 第二十七章「欧州情勢は複雑怪奇(後編)」(1/2)

    複雑怪奇編その3。タムスク爆撃から有田・クレーギー会談まで。リリカって秋山殿と髪型似てますよねw第二十七章補足情報まとめ→http://togetter.com/li/594156後→sm20830962 前章「欧州情勢は複雑怪奇(前編)」→sm19642041 次章「第二次世界大戦勃発」【国外編】→sm22308263 第八部mylist/31889242 全作品mylist/17180556

  • 東方昭和伝 第二十八章「第二次世界大戦勃発」【国内編(2/2)】

    東方昭和伝 第二十八章「第二次世界大戦勃発」【国内編(2/2)】

    国内編の続き。阿部内閣総辞職まで。現在のアベノミクスの目標は「2年後のインフレ2%」ですが、阿部ノミクス時代のインフレはなんと「1ヶ月でインフレ3.1%」。いかに凄まじい物価上昇であったかよくわかります。製作者ツイッター→https://twitter.com/elevenplat前(国内編1/2)→sm22308263 国外編→sm20829996 前章「欧州情勢は複雑怪奇(後編)」→sm20829996 次章「米内内

  • 東方昭和伝 第二十七章「欧州情勢は複雑怪奇(後編)」(2/2)

    東方昭和伝 第二十七章「欧州情勢は複雑怪奇(後編)」(2/2)

    辻のネタキャラとしての使いやすさは異常。米国の日米通商航海条約破棄通告から平沼内閣総辞職まで。第二十七章補足情報まとめ→http://togetter.com/li/594156前→sm20829996 前章「欧州情勢は複雑怪奇(前編)」→sm19642041 次章「第二次世界大戦勃発」【国外編】→sm22308263→第八部mylist/31889242 全作品mylist/17180556

  • 東方昭和伝 第八章「満州事変(後編)」(2/2)

    東方昭和伝 第八章「満州事変(後編)」(2/2)

    終わりに予告があります。とりあえずそのメンバーが、二・二六事件までで登場する予定。配役はすでに確定してます。なお、現時点で出演と配役が決定している人物は以下の通り。<阿南惟幾・安藤輝三・井上成美・迫水久常・白洲次郎・東条英機・永野修身・武藤章・伏見宮博恭・山本五十六・C.ハル・C.ケーディス・D.マッカーサー・F.ルーズベルト・H.トルーマン・J.キーナン・W.

  • 東方昭和伝 第六章「事変前夜」(1/2)

    東方昭和伝 第六章「事変前夜」(1/2)

    満州攻防編その1。動画には盛り込めなかったので、戦後高い評価を受けている石橋湛山の小日本主義・満蒙放棄論について。満州をはじめとする大陸の権益を放棄し、植民地市場をあてにしない貿易立国への転換を図るべきだとする石橋の論は、現代の目から見れば最も合理的で妥当なプランのように見えるし、長期的な目標、方向付けとしては理論的に正しかったことは歴史によって

  • 東方昭和伝 第七章「満州事変(前編)」(1/2)

    東方昭和伝 第七章「満州事変(前編)」(1/2)

    満州攻防編その2。いよいよ天才・石原莞爾の本領発揮。次→sm9400754 満州事変後編→sm9465098 第二部mylist/16921369 全作品mylist/17180556張作霖爆殺事件については第三章参照→sm9129082本章関連年表昭和6年(1931年)9月18日 - 柳条湖事件9月19日 - 若槻内閣、事変不拡大を閣議決定9月21日 - 吉林出兵。朝鮮軍独断越境。

  • 東方昭和伝 第三十七章「終戦への胎動」(2/2)

    東方昭和伝 第三十七章「終戦への胎動」(2/2)

    <本章関連年表>昭和17年(1942年)06/05ミッドウェー海戦08/07ガダルカナル島攻防戦開始08/22スターリングラード攻防戦開始09/01大東亜省設置閣議決定 (東郷外相辞任)昭和18年(1943年)01/01朝日新聞、中野正剛「戦時宰相論」を掲載01/14カサブランカ会談02/01ガダルカナル島撤退開始04/18海軍甲事件(山本五十六戦死)04/20東条内閣改造(重光葵入閣)05/29アッツ島守備隊

  • 東方昭和伝 第三十七章「終戦への胎動」(1/2)

    東方昭和伝 第三十七章「終戦への胎動」(1/2)

    終戦工作編その1。初投稿から8年目にして遂に終戦工作編に突入です。しかし、鈴木貫太郎内閣までの道のりは未だ遠く… 構成上懐かしい名前が多く出てきているため、初見様用&復習用に、本章のみ作中で言及されている登場人物の配役がわかるようにしています。 →始まりの第一章「若槻内閣と金融恐慌」sm9000350 後(2/2)→sm32043500 前章「栄光の六ヶ月」sm31069891 次章

  • 東方昭和伝 外伝「それぞれの日露戦争」 第四幕:頂を越えて

    東方昭和伝 外伝「それぞれの日露戦争」 第四幕:頂を越えて

    <絶対的必要条件三項目>①日本の韓国に対する支配権の承認○ ②満州からの両軍の撤退○ ③遼東半島の租借権、及びハルビン-旅順間の鉄道の譲与○<比較的重要条件三項目>①賠償金の獲得× ②中立港に停泊中のロシア艦隊の引渡し× ③サハリンの割譲△ ④沿海州沿岸の漁業権の獲得○<付加希望条件二項目>①東アジアにおけるロシアの海軍力の制限× ②ウラジオストックの武装解除、及 13:02

  • 東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(2/3)

    東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(2/3)

    辻政信はですね、基本的には陸軍の、参謀本部といわれる部署に過ごしていまして、若干ゃタテマエが支配しているところなので、そういったところで生きやすいように常に潔い積極的な主張で。であと声も大きいので、会議で自分の意見を通せるように。作戦力ぅ…ですかねぇ…現場ではスッと、指示出しできる参謀でして、結構独断専行が好きなので、軽々と一回や二回は余裕で偽命令

  • 東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(1/3)

    東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(1/3)

    日米開戦編その5。大日本帝国の短い最盛期が始まり、終わる。※注)大川周明の解説シーンについて、大川のラジオ放送は『米英東亜侵略史』として刊行されますが、劇中の台詞は大川が昭和17年6月に朝日新聞に掲載した『亜細亜諸民族に告ぐ』より引用しています。本章の二枚のアイキャッチ用のイラストは、32章の松岡てゐを描いて下さったjun様(http://www.pixiv.net/member.ph

  • 【修正版】東方昭和伝 第十八章「帝都激震(後編)」【昭和11年2月27日】

    【修正版】東方昭和伝 第十八章「帝都激震(後編)」【昭和11年2月27日】

    帝都騒乱編その3。以前の動画の岡田救出時の場面に致命的ミスがあったので修正しました。この場面は迫水久常「機関銃下の首相官邸」p81、82を参照して作ったのですが、このページの部分は小坂曹長の著書「特高」の引用部であり、このページの「私」は小坂曹長のことを指すのにうp主は私=迫水と誤解して作ってしまっていました。ここに訂正し、誤った情報を流してしまった

  • 東方昭和伝 第三十一章「皇紀二千六百年」第三幕:大政翼賛会誕生

    東方昭和伝 第三十一章「皇紀二千六百年」第三幕:大政翼賛会誕生

    民政党解党から大政翼賛会成立まで。東条さんの人の見る目のなさはガチすぎて本当に厄を集めているようです。作者ツイッター→https://twitter.com/elevenplat第一幕:第二次近衛内閣の成立sm24512452 第二幕:日独伊三国同盟締結sm24512566第四幕:最後の元老sm25238428前章「米内内閣と近衛新体制運動(後編)」sm23637509 次章「松岡訪欧と日米諒解案」sm27242188第九部 myl

  • 東方昭和伝 第三十八章「東条内閣総辞職」(1/3)

    東方昭和伝 第三十八章「東条内閣総辞職」(1/3)

    終戦工作編その2。トラック島空襲から岡田啓介・米内光政・末次信正三者会談、岡田の嶋田海相辞任勧告まで。<本章関連年表>昭和19年(1944年)01/20 ソ連軍、レニングラード解放02/17 アメリカ機動部隊、トラック島空襲 ←本章開始02/21 東条首相兼陸相、参謀総長を兼任(嶋田海相、軍令部総長兼任)02/23 毎日新聞記事「竹槍では間に合わぬ 飛行機だ」に東条首相激怒03/06 全

  • 東方昭和伝 第十二章「国際連盟脱退(後編)」(1/2)

    東方昭和伝 第十二章「国際連盟脱退(後編)」(1/2)

    連盟脱退編その4。松岡は日独伊三国同盟のイメージが強すぎて、実像以上に強硬派のように描かれていることが多い気がする。松岡が連盟脱退に反対していたことだって、殆ど知られてないのではなかろうか。連盟脱退の最大の責任者は間違いなく内田康哉である。とある外務省職員が歴代最悪外務大臣について議論したところ、ワースト1を争ったのがこの内田と田中真紀子だったと

  • 東方昭和伝 第十一章「国際連盟脱退(前編)」(2/2)

    東方昭和伝 第十一章「国際連盟脱退(前編)」(2/2)

    吉田茂はいつも私にネタを提供してくれる。背景は気にしたら負け。国会だって実はまだ建ってないし(昭和11年建設)次回の予定ですが、このシリーズは不定期更新です、すみません。ウォッチリストにご登録していただければ、投稿時マイページに連絡が行くので、よろしければそれをご利用下さい。ツイッターをはじめましたので、こちらでも新章あげる際に告知します。→https://

  • 東方昭和伝 第十八章「帝都激震(後編)」【昭和11年2月29日】

    東方昭和伝 第十八章「帝都激震(後編)」【昭和11年2月29日】

    誰も国家の崩壊などを意図したのではなかった。飢えて死んでいく家族を、国民を救いたいだけだった。ただ明るい未来が欲しいだけだった。しかし、その純粋な思いが生んだのは、ただ悲劇だけだった。だから二・二六事件は、哀しく、切なく、そして重い。ED曲はこちらからお借りしました。→【セブンスヘブンMAXION × 夢消失 ~Lost Dream 】 -喪失の雪夜-sm2078498※訂正:(1

  • 東方昭和伝 第三十五章「東条内閣と日米開戦」(1/3)

    東方昭和伝 第三十五章「東条内閣と日米開戦」(1/3)

    日米開戦編その4。「誰か助けて!このままじゃ日米開戦になっちゃう!」な状況で、「お前が総理になるんだよ!!」と総理にされてしまった東条英機の運命や如何に。2/3、および3/3は、日米開戦75周年にあたる明日2016年12月8日投稿です。東方昭和伝は『この世界の片隅に』を応援しています。戦時中を扱った作品でありながら万人に勧められる素敵な作品です。是非ご覧になっ

  • 東方昭和伝 第三十二章「松岡訪欧と日米諒解案」(2/2)

    東方昭和伝 第三十二章「松岡訪欧と日米諒解案」(2/2)

    仏印・泰(タイ)国境紛争調停から日ソ中立条約締結まで。最初から最後まで松岡てゐが出ずっぱり。ここが彼の人生の頂点であった…(´;ω;`)今回から後半部はじめにアイキャッチを入れることにしました。第一回目はjun様(http://www.pixiv.net/member.php?id=646859)より作成いただいた松岡てゐです!作者ツイッター→https://twitter.com/elevenplat前(1/2)sm27242188 前

  • 東方昭和伝 第十一章「国際連盟脱退(前編)」(1/2)

    東方昭和伝 第十一章「国際連盟脱退(前編)」(1/2)

    連盟脱退編その3。前編です。連盟脱退まで一本にまとめる予定だったけど、連盟脱退に到るまでのプロセスが長くて前・後編に分割することに。「何もしない」から首相になった斎藤実は、当初は小町を配役に考えていましたが(内閣は映姫にやられるし)あまりに出番がなく、台詞も全然作れなかったので断念。こだまりえる様、博麗霊夢様、宣伝ありがとうございます!後→sm119514

  • 東方昭和伝 第十章「五・一五事件」(2/2)

    東方昭和伝 第十章「五・一五事件」(2/2)

    未来は過去の相似形であるといいます。現在の日本の現状、危なくないですか?特に政治の機能不全はこの時代よりも深刻化しているようにうp主には思われます。*注:最後の近衛文麿と森恪の会話は、時系列的に少し不正確な部分があります。説明文の字数の都合上全部書けないので、詳細は第三部のマイリストを御覧ください。前→sm11566758 次章→第十一章「国際連盟脱退(前編)

  • 東方昭和伝 第十章「五・一五事件」(1/2)

    東方昭和伝 第十章「五・一五事件」(1/2)

    連盟脱退編その2。ようやく五・一五事件。しかしまだ昭和七年なのに十章って、戦後までやったら何章までいくんだろう…?PLA様、宣伝ありがとうございます!後→sm11566846 第三部mylist/19073651 全作品mylist/17180556本章関連年表昭和7年(1932年)1月18日-上海日本人僧侶襲撃事件。1月28日-第一次上海事変。2月9日-前蔵相井上準之助が東京本郷で血盟団員小沼正に暗殺され

  • 東方昭和伝 第三十一章「皇紀二千六百年」第一幕:第二次近衛内閣の成立

    東方昭和伝 第三十一章「皇紀二千六百年」第一幕:第二次近衛内閣の成立

    大政翼賛編その3。第二次近衛内閣の成立から松岡洋右外相就任会見まで。器としての力量を欠きながらも、器にならざるを得なかった男、近衛文麿。救国の外相になり得るだけの力量を持ちながらも、結果的に亡国への引き金を引いてしまった男、松岡洋右。最後の元老、西園寺公望の命が尽きる中で、二人が犯した失敗は、大日本帝国を終焉へと導く。第一幕補足情報まとめ→http://t

  • 東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(3/3)

    東方昭和伝 三十六章「栄光の六ヶ月」(3/3)

    戦闘経過に不可解な点が多く、「運命の五分間」など戦後様々なドラマが生み出されたミッドウェー海戦。しかし2012年になって、公式記録の『戦闘詳報』には、当日朝の第一回の信令『敵出撃ノ算ナシ』を発信していた事実が秘匿されていたことが明らかにされた。元参謀「そんなみっともないこと、書けますかいな!当日朝、我々司令部は何も知らんと『敵出撃ノ算ナシ』なんて、そ

  • 東方昭和伝 第二十六章「欧州情勢は複雑怪奇(前編)」(1/2)

    東方昭和伝 第二十六章「欧州情勢は複雑怪奇(前編)」(1/2)

    複雑怪奇編その2。遂に総理となった平沼映姫様だが…ツイッターもよろしくです→https://twitter.com/elevenplatノモンハン事件の戦車が写ってる背景写真は現在のノモンハンの写真です。現在ノモンハンには戦争陳列館ができていまして、写ってる戦車は客寄せに置いてある発泡スチロールでできたハリボテです。なお、ノモンハン戦争陳列館(諾門罕戦役遺祉陳列館)の詳細につい

  • 東方昭和伝 第二十五章「旧秩序への挑戦」(3/3)

    東方昭和伝 第二十五章「旧秩序への挑戦」(3/3)

    ミュンヘン会談から第一次近衛内閣総辞職まで。※訂正:冒頭0:30あたり、「皇后メリー」としていますが、メアリー・オブ・テック妃は1936年に王太后陛下の称号を得ているため、「皇后」ではなく「皇太后」の誤りです。ツイッター→https://twitter.com/elevenplat第二十五章関連ツイートまとめ→http://togetter.com/li/310649 前(1/3)→sm17756049 中(2/3)→sm17745457 前章「爾 0:30

  • 東方昭和伝 第九章「最後の政党内閣」(1/2)

    東方昭和伝 第九章「最後の政党内閣」(1/2)

    連盟脱退編その1。お久しぶりです。elevenです。ちょいちょい作ってたらできたので投下します。第三部は、昭和前期最後の政党内閣である犬養内閣の成立から、五・一五事件による政党政治の終焉。そして、斎藤挙国一致内閣での日本の国際連盟脱退までを扱う予定です。次→sm10738843 第三部mylist/19073651 全作品mylist/17180556本章関連年表昭和6年(1931年)12月13日 - 犬

  • 東方昭和伝 第三章「張作霖爆殺事件」(2/2)

    東方昭和伝 第三章「張作霖爆殺事件」(2/2)

    前→sm9129082 第四章→sm9199971 第一部mylist/15428784 全作品mylist/17180556本章関連年表昭和3年6月4日 - 張作霖爆殺事件(満洲某重大事件)6月29日 - 治安維持法改正公布施行(死刑・無期刑追加)7月3日 - 全府県警察部に特別高等警察設置。7月6日 - 北伐完成。7月19日 - 国民政府が日華通商条約の廃棄を通告。8月27日 - パリ不戦条約調印。日本では「人民の名に於て」

  • 東方昭和伝第二十四章「爾後国民政府ヲ対手トセズ」前編:上海から南京へ

    東方昭和伝第二十四章「爾後国民政府ヲ対手トセズ」前編:上海から南京へ

    日中激突編その3。遂にやってきてしまった南京事件の回です。トラウトマン工作において、日本が前章で示した和平案は①外蒙古と同じ国際的地位を持つ内蒙古自治政府の樹立②華北非武装地帯の設定(華北の全行政権は南京政府が持ち、以後日本は華北にいかなる自治政府を設立することも控える)③上海非武装地帯の拡大④排日政策の廃止⑤共同防共⑥日本製品への関税率低減⑦中国におけ

nicotter内で人気の動画